コネクタ・端子の日本端子を徹底分析!

コネクタや圧着端子などは、普段からあまり見ない機械の内側に用いられている電子部品であることから、どんなものか分からない方は多いのではないでしょうか。
そして、そんなコネクタや圧着端子を製造・販売している日本端子について知らない方も多いでしょう。

そこでこの記事では、コネクタ・圧着端子についての解説と、製造・販売している日本端子の会社概要から事業内容、日本端子がこだわっている品質までご紹介していきます。
コネクタ・圧着端子や、日本端子についてこれまで知らなかったという方でも分かりやすく解説していくので、ぜひ最後まで読んでコネクタや圧着端子、日本端子についての理解を深めていきましょう

コネクタ・端子とは?日本端子株式会社の会社概要

コネクタや圧着端子は、主に自動車や家電製品に用いられている電子部品です。
しかし、実際にはなかなか見えない部品ではあるので、あまり身近に感じる方は少ないのではないでしょうか。
まずはそんなコネクタや圧着端子について説明し、さらにコネクタ・圧着端子の製造・販売をしている日本端子の会社概要もあわせて見ていきましょう。

コネクタ・端子とは?

コネクタは、電気や電子回路上で配線を接続するために用いられています。
コネクタを使用せず、半田付や溶接などで電線を基盤に接続した場合には、ケーブル切断などをしなければ取り外すことはできず、再接続することが困難となっていました。
しかし、コネクタを用いることで手や工具で脱着可能となるので、繰り返し利用できるようになります。
非常に利便性に優れていることから、近年では電気を用いる機器類全般に使用されているのです。

コネクタの種類としては、大きく分けて4つあります。

  • 電線と電線を接続するもの
  • 電線と回路基板を接続するもの
  • 電線と電気部品を接続するもの
  • 回路基板と回路基板を接続するもの

この4種類に分けられるものの、使用する電線の太さや本数、形状などによっても細かく分類されるだけでなく、使用環境や使用目的などにもよるため、非常にたくさんの種類があります。
私たちの身近で使われているものと言えば自動車や家電製品などが当てはまり、さらにその中でも電源系のコネクタや信号系コネクタ、防水防塵コネクタなど、様々な種類のコネクタが使用されています。

コネクタや端子のどちらにしても、普段は見えにくいだけで私たちの生活に密接に関わっているものなのです。

日本端子の会社概要について

日本端子は、1960年8月23日に設立されており、神奈川県平塚市八重咲町26-7に本社を置いてます。
資本金は1億円で、現在の代表取締役社長は河野二郎氏が就任しています。
従業員数は2022年1月1日時点で441名となっていました。

事業内容としては、連鎖端子の製造販売、コネクタの製造販売、電線端末処理機械・工具の製造販売が記載されています。
企業理念には、「つないで世界に活力を。“ACTIVATE”」を掲げており、テクノロジーを通して人や企業、地域、国を「つなぐ事業」を展開し、電気を流すだけでなく世界に活力を与えたいという想いが込められています。
この企業理念を実現するために、

  • お客様満足の追求
  • 「人」として誠実に謙虚に
  • 徹底的にやりぬく力
  • プロとしての造り込みと研鑽
  • スピードと行動力

の5つの行動指針が示されています。

また、日本端子の創業当初はクローズドバレルタイプの圧着端子の製造を行っており、自動車用のコネクタコンタクトの生産を開始したのは設立から4年後の1964年5月になります。
そこから本社を神奈川県大磯町に移転し全国各地に支店・営業所を展開していきました。
1995年には中国北京市に北京事務所を開設し、品質システムISO9002に花泉工場が認証登録されるなどの大きな動きがありました。
そこから紆余曲折を経て、2017年に本社を現在の所在地である神奈川県平塚市八重咲町へ移転します。
このような背景から、60年以上もの歴史を持つ日本端子は、自動車生産に携わりながら国内だけでなくグローバルに活躍していた企業であることが分かります。

また、サッカークラブの湘南ベルマーレのオフィシャルクラブパートナーとして2012年から支援していることでも知られており、最近では「日本端子スペシャルデー」として湘南ベルマーレVS横浜F・マリノスが催され、大きな盛り上がりを見せました。
日本端子は自社を成長させるだけでなく、地域に密着した支援も行っているのです。

日本端子の事業内容について

ここからは、日本端子の事業内容について詳しくご紹介していきましょう。

日本端子では主に連鎖端子の製造販売、コネクタの製造販売、電線端末処理機械・工具の製造販売を手掛けています。

コネクタや連鎖端子は、自動車など大型のものから家電製品に用いられるものなど、サイズや用途に合わせて様々な種類があり、日本端子において主力商品です。

らに、日本端子では電線と端子を接続するための全自動圧着機の製造販売も手掛けており、顧客の工程に応じてラインの自動化などの提案も行っています。

グローバル企業?こだわりの品質とは

日本端子がグローバル企業とされているのは、中国、香港、タイ、アメリカなど世界中で製品を展開しているからこそでしょう。

日本端子は製品の品質にも強いこだわりを持ち製造を続けています。
なぜなら、日本端子が製造しているコネクタなどの電子部品は、自動車などに多く用いられ、人命にも大きく関わっているのです。
そのため、複合環境試験など厳しい使用環境を想定した条件下での信頼性試験を実施し、非常に負荷の高い環境下で耐えられるかどうかを販売前にチェックしているのです。

自動車などの生活に身近なものに使われているからこそ、品質にもこだわりながらグローバルに展開している企業になっています。

まとめ

今回は、コネクトや圧着端子についての解説からそれらを製造販売している日本端子についてご紹介してきました。

コネクトや圧着端子は、それぞれ用いられているものは異なりますが、人々の生活と密接な関わりのあるものです。

日本端子では、自動車や家電製品に用いられるコネクトや圧着端子などの電子部品を設立した1960年から手掛けていることもあり、非常に信頼性の高い企業と言えます。
また、その信頼性は長く事業を続けていることや、負荷の高い環境下で試験を実施したり、国際レベルで品質管理を行っていることなど様々な理由があるかと思います。

日本端子は国内だけでなく世界に向けても商品サービスを展開していることから、今後もより成長に期待できる企業の1つに挙げられます。
消費者の声を聴き、顧客第一でこれからも事業を展開していくのではないでしょうか。

関連記事

  1. 坂本よしたか代表ライトニングプレミアム|採用情報・事業概要・セミナー情報

  2. 仕事

    不動産開発から管理まで手掛けるステージプランナーとはどんな会社なのか?評判、求人情報をご紹介

  3. いーふらん店舗イメージ

    「いーふらん」に転職しても大丈夫?!評判/採用(新卒・転職・アルバイト)を徹底調査!

  4. トライアットリソースの口コミ評判まとめ!若者の求人利用が増えているのは本当?

  5. 株式会社アキタフーズとは?事業内容や採用情報まとめ

  6. 代表取締役は平文俊全氏!ノーバル・ホールディングスとは?

  7. プラネットグリーンの『信条』とは?事業・採用・働きやすさまで口コミ評判徹底調査!

  8. 晁 向陽代表取締役が経営する麗彩楼・上海飯店の強みを分析してみた

  9. 日本リーダー育成推進協会とは?無料セミナーって本当?活動内容や実績をご紹介!

最近の記事

人気記事

  1. トスワーク
  2. エンカレッジファーミング

最近の記事

  1. 上場企業の株式会社海帆、社長の吉川元宏氏は経営のプロ!
  2. ナチュラリープラスはどんな会社?気になる評判や噂をチェックしてみた
  3. 有名警備会社はどこ?警備業の実態は?テイケイ株式会社をピックアップして紹介!
  4. 株式会社エーシーオーの評判はどう?会社・社長の魅力や採用情報を調査!
  5. 霊波之光は本当に誰でも参拝可能?辞めたい場合の退会方法も解説!

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP