注目の記事 PICK UP!

市民住まい向上委員会の講座と評判を調査!住宅のトラブルを回避したい方必見!

市民住まい向上委員会は、防災や防犯、リフォームに関する正しい知識を多くの人に知ってもらうために活動している団体です。

安全で安心できる暮らしを実現するためのサポートを行っているので、私たちの生活に密接に関わる情報を発信している団体だと言えるでしょう。

今回はそんな市民住まい向上委員会がどのような活動をしているのか、代表である矢野氏がどのような経歴の持ち主なのかについて記載していきます。

市民住まい向上委員会に関する理解を深めていきましょう。

市民住まい向上委員会の概要

市民住まい向上委員会は、矢野克己氏が代表理事を務めている団体で、「防犯・防災・住宅性能の向上等を一般市民に対し普及、支援活動を行う」という目的を持っています。

この目的に向かって活動することにより、安全で安心できる暮らしを提供することにつながると考えているようです。

安全で安心できる暮らしを実現するために市民住まい向上委員会では、啓発活動やセミナー、講演会、イベントなどを行っているのです。

また、定期的な相談会や随時受け付けているメール相談なども行っています。

相談関連については、こちらにまとまっておりました。ぜひご参考ください。

市民住まい向上委員会はどのような活動を行っているのか

先述の通り、市民住まい向上委員会では、啓発活動やセミナー、講演会、イベントなどを行っています。

続いては、市民住まい向上委員会が行っている活動について具体的に紹介していきましょう。

住まいの防犯・防災講座

住まいの防犯・防災講座は、どうして泥棒が入ってしまうのか、防災対策として必要なものなどについて伝えています。

どのような家が泥棒に入られやすいのか、詐欺の最新手口にはどのようなものがあるのかを知ることができるため、自宅を守るために必要な対策を行えるようになるでしょう。

また、災害が起こった時に必要な防災グッズや非常食についても学ぶことができます。

戸建て住宅耐震講座

戸建て住宅耐震講座は、いつ来るか分からない地震に備えて知っておきたい知識を学ぶことができます。

耐震診断を受け、耐震補強工事をした方が良いと市民住まい向上委員会は考えているため、このような講座を行っているそうです。

住まいの防犯・防災講座でも耐震に関する情報を提供していますが、より詳しい情報発信を戸建て住宅耐震講座でしています。

 

町内会・自治会セミナー

町内会・自治会セミナーは、避けることができない自然災害に備えて減災するための知識を学ぶことができます。

地域の体制をしっかりと整えておくことによって、被害を少しでも減らせる可能性が高くなります。

そのため、町内会・自治会セミナー・減災を考える防災教室を開催することは大きな意味を持つと考えられるでしょう。

 

ラジオ放送:住まいのトラブルバスター

市民住まい向上委員会の代表である矢野克己氏は、「住まいのトラブルバスター」というラジオのパーソナリティも務めています。

防犯や防災、住まいの情報、文化、教育、健康など役に立つ情報を発信している番組です。

「安全・安心、そして幸せな社会づくり」をするために必要な情報を発信しているため、リスナーも楽しく聴けるだけでなく、有益な情報を得られる番組であると言えるでしょう。

その他にも市民住まい向上委員会では、住まいのメンテナンス講座やビル・マンションメンテナンス講座、賃貸大家さん勉強会、防犯スポーツプロジェクトといった幅広い活動を行っています。

住まいのトラブルバスターで扱っている内容

具体的に、住まいのトラブルバスターではどのような内容を扱っているのでしょうか。
ここでは具体的な例を過去の放送分から紹介していきたいと思います。

■2019年10月13日放送分「アプリで元気になろう!」 知っとこワード「QRコード」
QRコードはポスター・食品・パッケージ等で目にしたことがあると思います。四角い白黒の混ざったマークのようなものです。QRコードを読み取れるアプリでかざすと、内容を読み取って中の情報を得る事ができます。QRコードは1994年にデンツーによって開発されました。バーコードよりもQRコードの方がデーター量は多く、重宝されています。最近ではQRコードの決済も注目されています。

最近はポケモンGOのように、アプリを上手に活用して運動することができます。それ以外にも食事の管理をしたり、カロリー計算したりできるアプリもあるようです。スマートフォンが多くの人に普及する今、こうしたアプリを活用して健康的な生活を目指すことは珍しくありません。
老若男女問わず、すべての人にアプリを上手に使って元気になっていただけるといいですよね。

■2019年9月29日放送分「災害と車」
大雨災害時にニュースを見ると、冠水している道路を走る車や、流されている車の映像がよく流れます。自分の身を守るためにも浸水時に車がどうなるのか、その基礎知識をつけておくことが大切です。

・道路10㎝浸水:ブレーキが利かなくなります。
・道路40㎝浸水:マフラー等から水が入り、エンジンが停止、車体が浮き気味になります。
・道路70㎝浸水:ドアが水圧で開かなくなります。

対策としては、ハザードマップ等を事前に確認しておくことが有効です。
冠水しそうな場所を通らない、回避できる道を確認しておく、アンダーパスの確認をしておく等、事前に確認することが大事です。車庫に止める場合も浸水の可能性がある場合は早めに高い場所に移動し、車を避難させておきましょう。

・風について
やや強い風   風速10~15m/S:道路の吹き流しの角度が水平になり、高速運転中では横風に流される感覚になる。
非常に強い風  風速20~25m/S:通常の速度で運転するのが困難になる。
猛烈な風    風速30m/S以上 :走行中のトラックが転倒する。

災害で車が水没した時を考えると「車両保険」は重要です。台風やゲリラ豪雨等によって車が損傷した場合、修理にかかった費用について車両保険から保険金が支払われます。

・爆風により近所の店の看板や瓦が飛んできて車が傷ついた。
・機械式駐車場ごと水没した
・豪雨による土砂崩れに巻き込まれた
・強風にあおられ車が横転した

上記のような場合や洪水、高潮による水害、暴風などの自然災害で車が損傷した場合も車両保険から保険が支払われます。
万一の災害に備えて、車両保険について一度確認しておいたほうがいいでしょう。

■2019年8月18日放送分「オリンピックと住宅」
2020年はオリンピックイヤーです。着々と準備が進む中、大規模な住宅の計画も立てられています。
たとえば「ハルミフラッグ」が有名です。2020年の東京オリンピック・パラリンピックで作られる選手村の跡地にマンションを建てようという計画のことで、史上最大の分譲マンションプロジェクトとなっています。

しかし、防災士の立場から見ると以下のような懸念が生まれます。

・液状化しやすい土地
晴海地区は、大正時代末期から1931年に出来上がった埋め立て地です。自身の影響で液状化しやすい特徴があり、万が一の大地震の際、建物自体は無事でも周辺の道路などは使用できなくなる可能性があります。

・浸水地区が近い
中央区のハザードマップでは、晴海地区は震災被害の影響がないと示されていますが、周りの地区が影響をかなり受ける想定となっています。周りの8本の橋は利用できるのか、孤立してしまわないかという懸念があります。

・50階建ての高層ビルに住む際の対策
高層ビルは高ければ高いほど地震の影響を受けやすくなります。重い家具や家電などが飛んでくる可能性もあるので、相応の対策をする必要があります。

新しいマンション、便利な地区というのは魅力的ですが、防災の点からも検討していく必要があるということを認識できる内容でした。

■2019年11月3日放送分「スズメバチの生態」
知っとこワードは「アナフィラキシーショック」でした。アナフィラキシーショックといえばスズメバチの毒が有名ですが、食べ物や薬などでも起きるそうです。

特に「そば・卵・牛乳・小麦粉アレルギー」に起こることが多く、症状としては血圧が低下し、意識障害や命が危険な状態に陥ることがあります。

ゲストの丸澤丸さんが実際にスズメバチを持参して説明しておりました。人を刺すのは雌のハチのようです。また、1回刺されただけでも人によってはアナフィラキシーショックになることもあるそうです。

スズメバチはミツバチと違い、越冬することができるのは次の年の女王バチだけのようです。
丸澤丸さんは講談社から「超危険スズメバチLIFE」という本も出版されているほどスズメバチに関して詳しく、最近ではスズメバチのイベントなどで一般の方を対象に、スズメバチの生態を分かりやすくお話しされているそうです。

いつハチに刺されてしまうかはわかりません。万が一に備えて、病院で自分のアレルギーを調べておくと良いと思います。一度アレルギーが出てしまうと2回目は病状がひどくなる場合もあるので、ハチに限らず何かのアレルギーがある方は病院に相談しておくことをおすすめします。

■2019年7月7日放送分「フィルターバブル」 
知っとこワードは「ロックイン効果」でした。
ロックイン効果とは、現在利用している、商品(製品)やサービスや技術等から別の同種のものへの変更や切り替えができない状態のことを言います。

たとえば、電話会社などでロックイン効果を受けている人は多いと思います。家族全員同じ電話会社で家族割り等のサービスやインターネットの回線契約等も同じ会社で契約していると、携帯等の機種が変わるとまた操作を覚えなくてはならないという煩わしさがあります。そのため、同じ会社を使い続ける。それがロックイン効果です。

特に特定の企業の製品やサービスに依存している状態を「ペンダロックイン」と言います。

本題のフィルターバブルですが、たとえば自分のほしいものがネットショップにどんどん出てきたり、動画サイトのおすすめに出てきたりなど、インターネット上で自分の好きな情報ばかりが集まってくるのをフィルターバブルと言います。
興味のある者の情報が集まるのは便利ですが、偏った情報が集まってしまうため、かえって視野を狭くしているのかもしれません。

■2020年2月16日放送分「新型コロナウイルス」

この回では、新型コロナウイルスについて取り上げていました。中国の武漢から一気に流行したウイルスです。日本でも感染が拡大していて、いまだ収束していません。
症状については軽症の人や無症状の人も多いですが、中には重症化し死亡している人もいます。
心無い人によりデマも流れ、インターネットを見ると何が真実で何が嘘なのかわからず不安を抱く人も多いと思います。

2003年には新型肺炎のSERSが流行しました。食用として狩猟されていたハクビシンが感染源と言われ、市場からハクビシンを排除したとたんに収束したそうです。
2012年にはMERSが流行しました。ヒトコブラクダが感染源とされ、そこから人へ、さらに人から人へと接触感染したそうです。感染者を隔離することで収束しています。

新型コロナウイルスの感染源はまだ特定されていません。様々な噂がありますが、混乱を防ぐために確かな情報源のみ信用してください。
予防としては、こまめに手洗いうがいをして、換気、清潔を心がけるほかありません。また、できるだけ人ごみを避け、不要不急の外出をせず過ごしましょう。

うつらない、うつらせないための行動をしっかり実践していきましょう。そうすれば必ず収束の時は来るはずです。

家ではどのようなトラブルが起こり得るのか

私たちが暮らしている家では、様々なトラブルが発生する可能性を秘めております。

そこで市民住まい向上委員会が行っている活動に参加することによって、それらのトラブルを回避できそうですが、その前に、どのようなトラブルが存在するのかを知っておかなければ回避しようもありません。

 

続いては、どのようなトラブルが住まいでは起こり得るのかご紹介していきましょう。

 

リフォームの施工前の診断ミスでトラブルに

リフォームをする前に、施工業者による診断を行います。

その時に診断ミスがあると、大きなトラブルに発展してしまう可能性があります。

例えば、予算よりも大幅に高額な工事が必要になるという問題です。

診断をしっかりしていないばかりに後から余計な工事が必要になったというケースもあるようです。

 

このような診断ミスはトラブルの原因になってしまうため、事前に回避することが重要になります。

 

劣悪のリフォームをされてしまう可能性も

リフォーム工事は、500万円以下であれば建設業の許可がなくても工事を行うことができます。

そのため、クレームが多い業界でもあるのです。

特に、屋根や外壁に関するクレームは非常に多くなっています。

トラブルにならないためにも、市民住まい向上委員会が行っている活動に参加してリフォームに関する知識を身に付けることは重要なポイントだと言えるでしょう。

 

市民住まい向上委員会では、私たちが暮らす家に起こるトラブルを回避するための術を発信するセミナーなども行っています。

トラブルを未然に回避するためにも、市民住まい向上委員会の活動に参加することは大きな意味を持つでしょう。

 

矢野氏はどのような経歴の持ち主なのか

市民住まい向上委員会の代表を務めている矢野克己氏は、30年以上もの間建築業界に携わっているプロフェッショナルです。

これまでに7,000棟以上もの建築診断を行ってきたという実績も持っています。

また、新築や増改築、リフォームの施工担当をした実績は4,000件にも上るのです。

さらに一般耐震技術認定者や防犯整備士、一級塗装技能士など建築業界で活かせる資格をたくさん保有しています。

 

そんな矢野克己氏は、ラジオのパーソナリティも務めています。それが先程もご紹介した「住まいのトラブルバスター」という番組です。

「住まいのトラブルバスター」では、安全性の高い家を手に入れるために必要な情報を発信し、地域の方々にとって有益だと感じてもらえるような内容をふんだんに盛り込んでいます。

 

また、「住まいのトラブルバスター」では相談も随時募集しているため、何か気になることがある人はぜひ相談してみてください。

寄せられた相談には毎回適切なアドバイスを送っているようです。

まとめ 

防災や防犯、リフォームに関する正しい知識を多くの人に知ってもらうための活動を行っている団体が市民住まい向上委員会です。

安全で安心できる暮らしを実現するために啓発活動やセミナー、講演会、イベントなどを行っています。

また、それだけではなく定期的な相談会やメール相談も行っているので、住まいに関する悩みがある人は気軽に相談できるような仕組みを構築しています。

それらを形にするために市民住まい向上委員会では、住まいの防犯・防災講座や戸建て住宅耐震講座、町内会・自治会セミナーなどの活動を行っているのです。

「防犯・防災・住宅性能の向上等を一般市民に対し普及、支援活動を行う」という目的達成に向けてこうした活動を積極的に行っている同団体は、一般の方々からの評判も高いのではないでしょうか。

防犯や防災、リフォームなどに関する悩みを持っている人は、ぜひ市民住まい向上委員会の活動に参加してみてください。

関連記事

  1. 赤字上場したラクスルが「利益率」を重視する理由について

  2. マンション投資会社のセオリーファクトリー|セミナーの評判・口コミまとめ

  3. 誤解されがちなジャスミーの真実

    ジャスミ―=ブロックチェーン=仮想通貨の大きな誤解

  4. 企業と人をつなぐ架け橋「トスワーク」のヘッドハンティング事業を解説!企業の求める人材は?

  5. みちのりホールディングスから「インフラ事業の安定性」について考えてみた(”安定しているだけじゃ物足り…

  6. メディカルラボの授業内容は実際どうなの?講師や模試の情報について紹介します

  7. アンビションルームピアがすごヤバイ!新卒1年目で昇格!?

  8. 副業アカデミーの評判 講師陣が教える投資法で稼げるのか

  9. 家庭教師のトライ・個別教室のトライのキャンペーンや料金についてご紹介!

最近の記事

人気記事

  1. エンカレッジファーミング
  2. マーキュリアインベストメント
  3. サスメド

最近の記事

  1. セントレード証券は大丈夫?取引でトラブルを避けるために知っておくべき10のこと
  2. 家庭教師のトライ・個別教室のトライのキャンペーンや料金についてご紹介!
  3. 「日本の未来を支える」UTコンストラクション株式会社を調査
  4. 「モノづくり・ICTの高度化に貢献」UTテクノロジー株式会社を調査
  5. 「日本のモノづくりをささえる」UTエイム株式会社を調査

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP