ZENホールディングスはどんな会社?気になる業績・採用情報を徹底解説!

株式会社ZENホールディングスは、グループ会社の統括支援を行う企業です。
ZENホールディングスのグループには、株式会社麦島建設を含む複数の会社があります。
麦島建設と言えば、熱海の土砂災害との関係性が話題になっていました。
そのため、どんな会社なのか気になっている方も多いでしょう。
この記事では、ZENホールディングスの会社概要やグループの情報、採用情報などについて紹介します。
また、麦島建設についての詳細や熱海の土砂災害との関連性についても併せて説明していきます。
ZENホールディングスや麦島建設について気になっている人、またZENホールディングスの求人にエントリーを考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ZENホールディングスの会社概要は?

ZENホールディングスは東京都千代田区に本社を置く、グループ会社の経営戦略や経営基本方針、人財戦略、各社の経営遂行の統括・支援を行っている会社です。
代表取締役社長は松瀬賢亮氏が務めており、2004年1月に設立して以来現在のグループ人員は2,121人になっています。
グループ会社の統括支援では、生活支援分野、建設分野、不動産分野に分けて事業を手掛けています。
生活支援分野では、マンションや建物の管理や付随する業務、またスポーツクラブ、教育施設、宿泊施設の経営です。
建設の分野では、建築に関する企画・設計・施工・リフォームなども行っています。
また、不動産分野では、不動産の売買や分譲、賃貸、管理、不動産に関する企画やコンサル業務を手掛けています。
ZENグループでは、暮らしのサービスや建設、不動産の調和や心豊かな住まいと暮らしを生み出す、未来をつなぐ企業として社会に貢献していくとしています。

麦島建設とは?

次に、グループ会社の1つである麦島建設の会社概要についてご紹介していきましょう。
麦島建設は、愛知県名古屋市昭和区に本社を置く総合建設業を手掛ける会社です。
愛知県以外にも東京・大阪・長野に営業所が存在します。
麦島建設はZENホールディングスの建設分野に分類される会社です。
創業は1958年で、グループ会社の中でも歴史がある会社と言えます。
代表者は麦島悦司氏が務め、社員は現在130名が在籍しています。
「建物を通じて一生のお付き合い」をテーマに掲げ、「住まいを中心とした建設者」として業務を行っています。

ZENホールディングスのこれまでの実績は?

ZENホールディングスは2004年の創業以来、様々な分野の会社経営を通して社会に貢献してきました。
例えば麦島建設は、名古屋市を中心に建設事業を手掛けてきた会社です。
マンションや商業施設、ホテル、公共施設、個人宅など、規模を問わず様々な物件を担当し、街づくりに貢献してきました。
特に麦島建設が得意としているのは、賃貸マンションや分譲マンションの建築です。
最近では、5億円~10億円規模のマンションを担当し、売上高も年々伸びてきている会社です。
また、これまで「不況が訪れる可能性は常にある」という考えを持って経営を行ってきたため、財務体質も基盤が安定しています。
不動産に関するサービスを一貫して提供を行い、ZENホールディングスのグループ会社という立場を活かしてこれからも社会に貢献していくとしています。

ZENホールディングスの採用情報やグループ会社の採用情報は?

次に、ZENホールディングスの採用情報についてご紹介します。
現在はどのような募集要項が出ており、選考時にどのようなポイントを見ているのかなども解説していきます。

募集要項

ZENホールディングスでは、残念ながら現在求人募集は行っていませんでした。
しかし、グループ会社である麦島建設では求人募集を行っています。
募集を行っているのは3つの職種です。

・営業系職(開発営業、建築営業、土木営業)
・技術系職(施工管理者、設備技術者、建築積算、建築設計)
・一般事務職(事務、経理、総務、OA)

営業系職と技術系職では経験者優遇、一般事務職では特に応募資格などは問わないとしています。
勤務地は名古屋・東京・大阪で、本人の希望によって決定します。
休日は日曜・祝日・隔週休2日制で、休暇は夏期休暇・年末年始休暇の年間休日105日です。
勤務時間は8時~17時勤務としています。
福利厚生も厚生年金保険・健康保険・雇用保険・労災保険・退職年金を完備し、賞与は年に2回(夏7月・冬12月)です。
採用人数は若干名としていて、募集は随時受付を行っています。

職場の魅力

エントリーするにあたって、募集要項だけではなく実際の職場の雰囲気や魅力について知ることも大切です。
建設業と言えば、数字に強くないといけないと思う方も多いでしょう。
しかし、麦島建設の施工管理で活躍している社員の40%が文系出身者としています。
また、20代の社員を集めて行う、社長直下の委員会も設置されています。
若手社員が多い会社だからこそ、やりたいことを社長に直接意見できる風通しの良さを大切にしている会社です。
他にも、麦島建設には四半期ごとの査定や年末表彰など、その人の頑張りをしっかりと評価する環境があります。
資格を取得すれば評価も上がりますし、施工管理の分野では難しい現場を担当した際は頑張りを評価して賞与が支給されます。
仕事を通して専門性やスキルを身につけることや級施工管理技士、一級建築士などの資格を取得することもできるので、自分自身の成長にもつながります。

選考のポイント

麦島建設の選考では、人柄が重視されています。
どの職種においても文系・理系問わず採用を行っているため、専門的な知識がなくても問題ありません。
しかし、どの職種でも忍耐力や想像力、コミュニケーション能力を付けることが大切です。
面接では、自分の強みをしっかりとアピールできるよう考えておきましょう。

ZENホールディングスでは現在求人募集を行っていませんでしたが、グループ会社は募集を行っていました。
ただし、ZENホールディングスはグループを統括する存在であり、選考のポイントや職場づくりなどにも影響を与えている可能性が高いです。
今後ZENホールディングスの採用情報が出た際は、これらの情報も参考にしながらエントリーを検討してみてください。

土砂災害との関係の真実は?

冒頭でも少し触れましたが、令和3年7月に発生した伊豆山土砂災害と麦島建設の関係性が世間でも話題になっていました。
熱海で発生した大規模な土砂崩れは、起点となった部分の「盛り土」が法令基準を大幅に超える高さであったことが原因です。
なぜ熱海の土砂災害と麦島建設が関係していると言われているのか、詳しくは分からないという方も多いでしょう。
関係性が指摘されるようになったのは、盛り土があった土地を所有していたのが麦島建設の元代表だったことが理由です。
しかし、この土地は元代表が個人で所有していたものであり、麦島建設やZENホールディングスとの関係性は見当たらなかったとしています。
しかも盛り土を行ったのは元代表ではなく、購入する前の業者が行っていたことが既に判明しています。

まとめ

今回はZENホールディングスの会社概要や麦島建設についての詳細から実績、採用情報をご紹介してきました。
世間では熱海の土砂災害との関係性が指摘され、会社に不信感を抱く方もいるかもしれません。
しかし、ZENホールディングスの経営理念では、「日本の復興に役立つ会社」という発言をしています。
そもそも熱海の土砂災害とZENホールディングスや麦島建設とは関係性はなく、経営理念の通り社会に貢献しようと努力している会社です。
今後も各グループ会社と連携と取りながら、日本の未来を作る会社として活躍していくことでしょう。
ZENホールディングスの一員となって働きたい方は、現在募集を行っている麦島建設へのエントリーも検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 麦島建設ってどんな会社?実績や採用情報、口コミ・評判をご紹介!

  2. 保護中: コネクタ・圧着端子の日本端子を徹底分析!評判や口コミは?

  3. 光回線に迷っているならCひかり!月額料金とキャンペーン特典を徹底検証!

  4. 株式会社日本大学事業部から見えてくる大学経営の問題

  5. 株式会社アキタフーズとは?事業内容や採用情報まとめ

  6. 太陽光発電を扱う和上ホールディングスとは?概要や口コミ評判・採用条件などを徹底解説

  7. 坂本よしたか代表ライトニングプレミアム|採用情報・事業概要・セミナー情報

  8. スポーツ日大の影の立役者?橋本稔子の噂に迫る!日大アメフト部や日大理事会との関係も紹介!

  9. 仕事

    不動産開発から管理まで手掛けるステージプランナーとはどんな会社なのか?評判、求人情報をご紹介

最近の記事

人気記事

  1. エンカレッジファーミング

最近の記事

  1. 麦島建設ってどんな会社?実績や採用情報、口コミ・評判をご紹介!
  2. ZENホールディングスはどんな会社?気になる業績・採用情報を徹底解説!
  3. フラワーアーキテクト垂水圭竹が代表を務めるラダックフラワースタジオの実績と評判
  4. ダイトーグループの真相!怪しいと噂の営業手法と謎の商品を調べてみた
  5. 【口コミ評判】アースコム社の応募に役立つ採用情報をまとめてみた

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP