浅井健二が伝える、ゴルフの素晴らしさとは

ゴルフの素晴らしさはゴルフを始めている人にしか分からないのかもしれませんが、その魅力を知ることは誰にでもできます。ゴルフは何歳からでも始めることができるスポーツで、浅井健二もまた4歳の頃からゴルフの楽しさを体験しています。

なかなか上達できず戸惑うこともありますが、上達しないからこそ面白いという人もいるでしょう。そこで今回は、ゴルフを始めるメリットやゴルフを楽しむコツについてご紹介します。

ゴルフ生活が長い浅井健二について

浅井健二は4歳の頃にゴルフを始め、現在も会社員をしながらゴルフを続けています。自称ゴルファーと名乗っていますが、プロを目指している訳ではありません。

しかしながらスコアは80を切る腕前を持ち、本人なりに日上達していることを実感しているようです。

元々は父親が趣味で始めたゴルフをきっかけに、浅井健二もゴルフに対して興味を持つようになったと言います。度々ゴルフ場に足を運ぶうちに、ゴルフ用語やルールなどを自然に覚えていったのでしょう。

まだ4歳という幼い年齢にも関わらずゴルフの魅力にどっぷり浸かり、今現在も趣味として積極的にゴルフに携わっているようです。最近は、自身のSNSを通じて多くの方にゴルフ情報を発信しています。

「これからゴルフを始めたい」「スコアに伸び悩んでいる」という方は、浅井健二のSNSをチェックしてみてください。

ゴルフを始めるとどんなメリットがある?

ゴルフをこれから始める方あるいは現在初めている人は、ゴルフをすることによってどのようなメリットがあるのでしょうか?

人間関係の構築

ゴルフは人間関係を構築できるスポーツと言われています。ビジネス面においては職場関係を円滑にすることが重要で、ゴルフを通じて良好な関係を築き上げることができます。前半後半合わせて4時間のプレーと昼食タイムが1時間と半日以上一緒にいることになるので確実に信頼関係を深めることができるでしょう。

プレッシャーに強くなる

プレー中はティーショットからのOB連発やバンカー脱出、2オン5パットなどプレッシャーを感じる場面が多くあります。天候や自然を相手にプレーをすることもあり、ここ一番の正念場が何度も訪れます。

プレッシャーに弱い人も回数を重ねるうちに、どんな時に自分がプレッシャーを感じやすいかと分析できるようになるでしょう。ゴルフは自分との戦いとよく言いますが、ゴルフをすることによってプレッシャーに打ち勝つメンタルを作り上げることができます。

マナーを養える

ゴルフは、スポーツの中で最もマナーが厳しいと言われています。時にはルールよりもマナーを優先することもあるため、自然に周りへの気遣いやエチケットを身に付けることができます。

また、ある程度ゴルフが上達してくるとゴルフ場に行く機会が増え、コンペの段取りやゴルフ場の予約などを依頼されるようになるため、企画力や判断力を養うことができるでしょう。

生活にメリハリができる

ゴルフの魅力を知ると生活の中に楽しみが増えてきます。仕事が忙しい人ほどゴルフはおすすめのスポーツです。大自然の中でゴルフをする時間は気持ちのリフレッシュにもなり、翌日からの仕事がはかどる人も多いようです。

脳や体が健康になる

ゴルフ場でのプレーは綺麗な空気や景色を見ながら10㎞程度は軽く歩きます。ウォーキングやランニングのように歩くこと・走ることを目的としていないので、自然に体を動かすことができるのです。

また、ゴルフは普段あまり使わない左右の肩甲骨周りの筋肉を動かすので、肩こり解消にも役立つでしょう。特にデスクワークや運転などが多いビジネスマンにおすすめです。

ゴルフは思考力や記憶力の向上にも有効なので、脳の健康にさせる効果もあるので、ゴルフを楽しみながら心と体を活性化させることができるでしょう。

ゴルフを始めるには?

ゴルフを始めるにあたり用意しておくべきアイテムはいくつかあります。中には必須ではなくあると便利といったものもありますが、ゴルフ初心者の場合は最初に揃えておいた方が取り組みやすいでしょう。

まずゴルフクラブはウッドやパター、アイアンなど最大14本まで持ち歩くことができますが、最初は12本を目安に揃えるようにしましょう。

ウッドはドライバー・5W・7Wの3本もしくはドライバー・3W・5Wの組み合わせがおすすめです。アイアンは5番~9番までとPW/AW・SWの8本が望ましいです。3番や4番を使うと独自のクセがつきやすいのであまりおすすめしません。

最後にパターは基本的に1本あれば問題ありませんが、「ピンタイプ」「マレットタイプ」「L字タイプ」の3種類のうちミスショットになりにくいピンタイプもしくはマレットタイプを選ぶようにしましょう。ゴルフクラブはシーンによって使い分けるため複数持ち歩くのが基本なので、キャディバッグも一緒に揃えるようにしてください。

ゴルフは上達するに連れて使ってみたいクラブが変わってきます。レンタルしてくれるゴルフ場もたくさんありますが、最初のラウンドデビューは自分で揃えたクラブで挑むことによってモチベーションがアップするでしょう。

ゴルフを始めるのに最適な場所は?

ゴルフを始めるにあたり、最初からゴルフ場でラウンドデビューする人はあまりいないでしょう。ゴルフ初心者はゴルフクラブを握るところから始まり、基本的なスウィングを身につけなければなりません。ラウンドデビューは基礎練習やスウィング作りを重ね、ある程度自信がついた時に利用した方がよいでしょう。

ですから最初はゴルフスクールで基礎を学ぶか、ゴルフ練習場でクラブの持ち方やスウィング練習をしてみてください。最近はシミュレーションゴルフ専門店も増えてきているので、スクリーンに投影されたコースを見ながら実際にクラブでゴルフボールを打ってみるのもおすすめです。

バーチャルですが、本物のゴルフ場でプレーをするような感覚でゴルフを楽しむことができます。

ゴルフを最大限に楽しむポイント

ゴルフを最大限に楽しむためには、やはりそれなりに技術を向上させておきたいものです。もちろん、ゴルフは初心者の方でも楽しめるスポーツですが、上手くなればその分ゴルフも楽しめるはずです。そこで、ゴルフを最大限に楽しめるよう、技術的なポイントからメンタルに関するポイントまで、ご紹介していきましょう。

自分のルーティンを作る

プロゴルファーの中にはショットに入る前に一連の動きを決めている方がいます。これはルーティンと呼ばれるもので、この動きをすれば最高のショットが打てるとイメージすることができます。ルーティンというのは人それぞれで、例えば目標を確認する時はボールの後ろに立つ、ボールにアドレスする時に右足から入って位置を決めるなどがあります。

事前にルーティンを決めておくと、その流れに沿ってショットを打つだけなので、変に緊張することなくスムーズなプレーにつながるでしょう。ただし、ゴルフコースを回る時になって初めてルーティンを実践しても意味がありません。ルーティンのメリットは普段からやっていることだからこそ効果が発揮されます。

そのため、練習の時点でルーティンを決めておき、普段から取り入れるようにしておきましょう。ルーティンは基本的に自分の好みで決められますが、どんなルーティンを取り入れて良いのか分からないという方もいらっしゃるでしょう。そんな方におすすめなのは、素振りの回数を1回にするというものです。

素振りをショットする前の予行練習だと考える方が多いのですが、実際は予行練習のために素振りするのではなく、固まった体をほぐすために、もしくは打った時の球筋をイメージするために行うものです。

そのため、素振りを何回も行ってしまうと、頭の中で完璧な素振りにしようと考えてしまい、それができないことで心の乱れにつながってしまいます。

素振りはあえて1回にすることで、心の乱れが少ないままショットを打つことができます。このように、素振りを1回に留めるといったルーティンを練習時から取り入れてみてください。

メンタルを鍛える

ゴルフは技術ももちろん大切ですが、メンタル面も非常に重要なスポーツだと言われています。その理由は、基本的に1人で行うスポーツであり、試合中はコーチなどと話すことはできず、さらにプレー中は考える時間が大いにあるという点が挙げられます。

他のスポーツは試合中激しく動いているため、頭は使っていますが、感覚や流れに合わせてプレーを実施していきます。しかし、ゴルフの場合は1ショット打ったら自分の番が来るまで1人で考え、次はどのように打っていくべきか戦略を練っていきます。全て自分で考えて行動しなくてはならないので、技術だけでなくメンタルも重要だと言えるのです。

メンタルを鍛えると言ってもプロのように専属メンタルトレーナーを付けるわけにはいきません。しかし、トレーナーを付けていなくてもメンタルを鍛えることはできます。

例えば、一番最初のティーショットが緊張してしまい、いつも上手くいかないという方は、ゴルフコースを回る前にメンタルの準備を行ってみましょう。メンタルの準備というのは、まず快適だと思うスピードで歩きながらゆっくりと呼吸し、気持ち良くボールを打ち抜いている姿をイメージしてみてください。

まずは下手でもいいから気持ち良く打てるといったイメージをすると、最初のティーショットもリラックスして打てるようになります。難しいことではありますが、平常心を保つことがプレーにとって重要なことでもあるので、まずは自分が快適にゴルフを楽しんでいるイメージを思い浮かべてみましょう。

次に、スロープレーになってしまわないか不安になり、イライラや焦りにつながってしまう方もいます。確かにスロープレーは世界的にもあまり良いプレーとは言われていません。

しかし、気にしすぎてしまうと焦って呼吸が浅くなり、体も緊張してしまい普段のプレーができなくなってしまいます。それで悪いプレーにつながれば、さらなる悪循環を呼んでしまうでしょう。スロープレーにならないか不安だという方は、以下のポイントを押さえてプレーに取り組んでみてください。

ポイント
  • ティーショットは前の人がセットアップに入る前にティーを出して準備しておく
  • カートから降りてボールが落ちた場所に向かう時、使いそうなゴルフ数本とボール数個を持っていく
  • カートで移動する時にクラブはバッグの中に仕舞わず自分で持っておく
  • グリーンに上がったら先にボールにマークしておく
ハザードに入ってしまったら?

ゴルフコースには「ハザード」と呼ばれている区域があります。ハザードとはバンカーや池・川などのウォーターハザードを指しています。よく、バンカーや池ポチャをしてしまった時にイライラしてしまい、楽しめなくなってしまう方もいるかと思います。池付近に落ちたり、バンカーに入ってしまっても楽しめるポイントはあります。

例えば、リカバリーショットを綺麗に決めるというものです。2008年のマイナビABCチャンピオンシップにおいて、プロゴルファーの石川遼が打ったボールが池のふちに落ちてしまったことがありました。この時のリカバリーショットでグリーンのカップまで残りわずかという距離にまで持っていくことに成功しています。

リカバリーショットが綺麗に決まればとても気持ちが良いものです。ハザードに入ってしまったからと諦めずに、綺麗に戻せるリカバリーショットを目指しましょう。バンカーでのリカバリーショットで気を付けたい点は、砂の状態が挙げられます。

砂は各ゴルフ場によって若干の違いが見られます。かなりサラサラしているようなところもあれば、普通の砂の場合もありますし、固めの砂が使われているところもあります。砂の状態によっては普通のバンカー時よりも大きく飛んでしまう可能性があるので注意が必要です。

普通の砂が使われているバンカーの場合、15ヤード飛ばすためにはアプローチでその倍のヤードを打つくらいの振り幅が必要だと言われていますが、砂が固めだと大きく飛んでしまうので、20ヤードくらいを意識してみると良いでしょう。

今回は、浅井健二について、そしてゴルフを最大限に楽しくするためのポイントなどをご紹介してきました。初めは慣れていなくても、繰り返しゴルフを行っていけば自ずとうまくなっていくはずです。ぜひ浅井健二のように安定してスコア80が切られるくらいまでを目指してみましょう。

関連記事

  1. インボイスの代表取締役を務めた木村育生氏が会長を務めた「bjリーグ」とは

  2. 引越革命の引越サービスは特許取得済み!?口コミや評判を調べてみた

  3. 「note」に見る新時代のプラットフォームのあり方

  4. 「仕事と両立」は本当にできる?育児支援制度について考えてみた

  5. あなたの会社は大丈夫?「お母さん」呼びされる女性社員が抱える不快感

  6. 先輩から新卒へのアドバイス!プライベートを楽しむコツと必須アイテムとは?

  7. そういえば、「ノマドワーカー」って何処行ったの?

  8. キラキラOLって何?キラキラOLになりたい女子はどこの企業を狙うの??

  9. 「公式」はもう古い!企業が行うSNS対策の課題

最近の記事

人気記事

  1. エンカレッジファーミング
  2. マーキュリアインベストメント

最近の記事

  1. ウワサの資格スクエア!口コミ/評判や噂を集めてみた
  2. オンライン事業業界は今後も需要大!?サイトビジットが提供するサービスとは
  3. そこの新人くん、リモートだからって油断してないか?ビジネスシューズの基本をおさら…
  4. 「職場の悩み」をYahoo!知恵袋で確認した結果?
  5. ビジネス書だけがアイディアソースじゃない?!オススメお洒落本でリフレッシュ!

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP