注目の記事 PICK UP!

東亜産業の衛生用品を紹介!より快適かつ清潔な日常生活のために!

草木のハート

東亜産業は、アルコール入りのハンドジェルや
紙石鹸などの衛生用品の開発・販売を行っている会社です。

新型コロナウイルスが猛威を振るう中で、手洗いやうがいをきちんとする人が増え、
アルコール除菌やマスクの着用を意識する人もかなり増えました。

そんな中で東亜産業では、私たちの健康を守るためにも役立つ衛生用品を手掛けているため、
注目されている会社の1つとなっています。

今回は、東亜産業がどのような会社なのか、
主力商品であるアルコール入りハンドジェルに期待できる効果、
その他に東亜産業が手掛けている衛生用品にはどのようなものがあるのか、
新型コロナウイルス対策で気を付けなければいけないことについてご紹介します。

東亜産業に興味がある人や新型コロナウイルス対策について知りたい人は、
ぜひ目を通してみてください。

 

 

東亜産業の企業概要

 

パソコン

 

東亜産業は、平成8年9月に設立されました。

代表取締役は渡邊 龍志氏、
令和1年8月時点の売上高はおよそ60億円、従業員数は114名となっています。

 

東亜産業では、

・取り扱っている商品の仕入れコストを下げたい
・オリジナル商品を開発したい
・海外の工場は品質管理が心配
・商品の改善や改良をしたい

といった悩みを解決へと導くためのサポートを行っています。

既存の商品では解決できなかった悩みも
解決へと導けるような商品を糖産業では提案しているのです。

 

それを実現するために国内には、

・福岡ロジスティクス(福岡物流センター)
・福岡工場
・久留米工場
・柳川工場

という4つの拠点があります。

 

さらに、化粧品や医薬部外品の製造・販売を行う東和化粧品株式会社、
ニコチンレス電子タバコの製造・販売を行うSKS株式会社、
医療機器の製造・販売を行うABC JAPAN株式会社という3つの子会社もあるのです。

日本国内に留まらず、中国にも協力会社や工場があります。

 

中国の協力会社・工場は、

・母創智能科技(MIT)有限会社(中国開発センター)
・香草生物工程有限会社(生物科技製品工場)
・東和日化用品有限会社(化粧品製造工場)
・東井電器有限会社(電気製品・医療機器製造工場)
・東莞市東和装飾材料有限会社(珪藻土製品製造工場)
・東莞市不二精密技術有限公司(精密機器製品工場)
・東吉容器有限公司(容器製造工場)

の7つです。

 

国内と国外の拠点で、幅広い商品の企画や開発を行っています。

また、商品開発部やデザイン部、品質管理部、営業部が揃っているため、
設計からデザイン、製造、販売までワンストップで提供できるという強みも
持っている会社だと言えるでしょう。

海外の工場で製造すれば、その分コストも抑えられます。

それも、東亜産業ならではの強みだと言えるのではないでしょうか?

 

 

主力製品・アルコール入りハンドジェルの効果

 

東亜産業の主力商品は、アルコール入りハンドジェルです。

東亜産業が手掛けているアルコール入りハンドジェルがどのようなものかご紹介しましょう。

ハンドジェル

■東亜産業のアルコール入りハンドジェル

東亜産業のアルコール入りのハンドジェルは、
ジェル状でもべたつかないため評判が良い商品となっています。

速乾性なのですぐに作業に取り掛かることができるのはとても大きなメリットです。

このハンドジェルにはアルコールが配合されているため、
ウイルスの除菌や除去効果が期待できます。

 

■あくまでも化粧品という扱い

アルコール入りハンドジェルは、ウイルスの除菌や除去効果が期待できるため、
新型コロナウイルス対策にも有効ではないかと考える人もいるでしょう。

しかし、東亜産業では手掛けている商品に
「新型コロナウイルスに対する効果がある」と表示していません。

なぜなら、
他社の商品と同じように新型コロナウイルスに対する効果の有無が確認できていないからです。

あくまでも化粧品という扱いになっているので、医薬部外品でもありません。

そのため、パッケージやPOPで殺菌や消毒という言葉は使うことができないのです。

広告や店頭のキャッチコピーでも、
そのような言葉を使うことは避けるように東亜産業から販売店舗に通達がなされています。

 

 

その他の衛生用品

 

東亜産業では、アルコール入りハンドジェル以外にも衛生用品を販売しています。

続いては、他にどのような衛生用品を取り扱っているのかみていきましょう。

手を洗う

■アワクリン

アワクリンは、肌に優しいハンドソープです。
大容量の詰め替え用(500ml)なので、子どもがいる家庭などにおすすめの商品だと言えるでしょう。
さっぱりとした洗いあがりも魅力的です。

 

■ポケソープ

ポケソープは、紙ハンドソープです。
紙のようになっているので、旅行の時にも持っていきやすいでしょう。

 

■エタノス除菌スプレー

エタノス除菌スプレーは、アルコールの力で除菌ができる商品です。
玄関や部屋はもちろんですが、キッチンやトイレ、お風呂などにも使うことができます。
気になるところにシュッと吹きかけるだけなので、使い方はとても簡単です。

 

■除菌フレッシュ

除菌フレッシュは、二酸化塩素と銀イオンを配合した除菌スプレーです。
二酸化塩素の力でウイルス除去や除菌を行い、銀イオンの力で消臭してくれます。
においが気になるリビングやキッチン、寝室、トイレ、車内などどこでも使うことができます。
シュッと噴霧するだけなので、簡単に除菌ができると評判です。

 

■aihealth

aihealthは、非接触式の電子温度計です。
赤外線センサーを採用することで、素早く正確に体温を測定できます。
私達人間の体もそうですが、温度に合った赤外線を放出しています。
その赤外線の量を測定することによって、表面の平均温度を計算してくれるのです。
即座に体温を測定できるため、病院や学校などの入り口で熱がないかチェックするときに重宝するでしょう。

 

東亜産業では、ハンドジェル以外にもこのような衛生用品を販売しています。

旅行などに便利な紙ハンドソープや毎日の生活空間を綺麗にする除菌スプレーなどは、
どれも魅力的な商品ばかりです。

 

新型コロナウイルスが流行している今だからこそ、
衛生管理を意識する人も増え、東亜産業の商品も需要が高まっています。

 

 

新型コロナウイルスで気をつけること

ウィズコロナと言われるようになり、
新しい生活様式に基づいた感染症対策をしなければいけないと考えられるようになりました。

新しい生活様式を取りいれるなかでいくつか注意しなければいけない点があります。

では、どのような注意点があるのかご紹介しましょう。

caution

■次亜塩素酸水を空間噴霧に関する注意点

次亜塩素酸水が新型コロナウイルスに有効化どうかは、確認されていません。

WHOでは、消毒薬を人体に噴霧することは推奨されないとしています。

なぜかというと、私たちの体に悪影響を及ぼす可能性があり、
ウイルスの感染力を低下させる効果も期待できないと考えられているからです。

次亜塩素酸水は次亜塩素酸ナトリウムと違って安全だという人もいますが、
あくまでもデスクや手すりなどの表面の除菌に使った場合の安全性を指しています。

次亜塩素酸水を噴霧することでウイルス対策が確実にできるといった表記を行っているものは、
特に注意が必要です。

 

■身に付けるだけで除菌ができるグッズに関する注意点

 

新型コロナウイルスが広まり、身に付けるだけで除菌ができるグッズも流通しています。

身に付けるだけで除菌ができるのはとても魅力的だと感じますが
コロナに対する効果がはっきりと示されているものはほとんどありません。

商品選びには十分気をつけましょう。

 

新型コロナウイルスから身を守るためには、
手洗い・うがいをしっかりと行い、咳エチケットを心掛けることが何よりも重要になります。

また、3密を避けるという基本的な対策を継続することも重要です。

魅力的な商品を過信せず、適切な感染症対策を行うようにしましょう。

 

 

まとめ

 

東亜産業は、様々な衛生用品を販売している会社です。

新型コロナウイルスの影響によって、
手洗いやうがい、除菌、マスクの着用が重要だと考えられるようになってきました。

そんな中で、主力製品がアルコール入りハンドジェルである東亜産業は注目を集めています。

日本国内に拠点を置き、海外に工場を持っているため、
コストを抑えた商品開発ができるという強みもあります。

消費者は少しでも安く効果が期待できる商品を手に入れたいと思うため、
コストを抑えるのはとても重要だと言えるでしょう。

しかし、東亜産業が販売しているハンドジェルはあくまでも化粧品という扱いです。

手指を清潔に保つ製品であるという認識で留めておくとよいでしょう。

次亜塩素酸水の噴霧や身に付けるだけで除菌ができるグッズに関しては、
安全性や有効性がはっきりとしていません。

そのようなことを踏まえて考えてみると、新型コロナウイルスから身を守るためには、
自分自身が新しい生活様式を理解し、基本的な感染症対策を継続することが重要だと言えます。

もちろん除菌アイテムを使うのも良いですが、
手洗いやうがいを行い、3密を避けるような生活を送るべきなのです。

そうすることで、快適な日常生活を送れるようになるでしょう。

関連記事

  1. 白いバラ

    ウイルスシャットアウトという、携帯型の空間除菌用品の評判は?

  2. 新規上場のアクセスグループ・ホールディングスについて調査してみた

最近の記事

人気記事

  1. エンカレッジファーミング
  2. マーキュリアインベストメント
  3. サスメド

最近の記事

  1. セントレード証券は大丈夫?取引でトラブルを避けるために知っておくべき10のこと
  2. 家庭教師のトライ・個別教室のトライのキャンペーンや料金についてご紹介!
  3. 「日本の未来を支える」UTコンストラクション株式会社を調査
  4. 「モノづくり・ICTの高度化に貢献」UTテクノロジー株式会社を調査
  5. 「日本のモノづくりをささえる」UTエイム株式会社を調査

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP