注目の記事 PICK UP!

沢登哲也が「コネクテッドロボティクス」で描く、ロボットとたこ焼きの未来とは?

「あったら便利だけど、無いなら無いで困らない」

世間の主婦にそう判断されてしまったお掃除ロボット「ルンバ」は、近年売り上げの低下が密かに問題視されているそうです。

様々な分野でIT技術が発展を遂げる今、「ロボット」に対する社会のイメージは、たしかに「あったら便利、無くても別に困らない」に終始している状態なのかもしれません。

しかし、ソフトバンクが販売を開始し、自社のCMにも登場させている「ペッパー」や、その他動画サイトを見ればロボットを用いたオモシロ動画が公開されていたりと、どうやらまったく需要が無い、というわけではないようです。

要するに、「興味はあるけれど、実態が分からないからなかなか手が出し難い」というのが、世間一般的な本音なのでしょう。

そこで今回、

「コネクテッドロボティクス」という企業の代表取締役である「沢登哲也氏」の活動とアイディアにフォーカスし、「2010年代に提案されるロボット産業」の現状を探っていきたいと思います!

 

 

コネクテッドロボティクスの概要

まずはコネクテッドロボティクスの概要からまとめていきますね。

2014年2月10日に設立したコネクテッドロボティクス株式会社は、飲食業向けにロボットを用いたシステムやサービスの研究・開発・販売を行っている会社です。

オフィスは東京農工大学・小金井キャンパス内にあり、国内の外食産業の人手不足の深刻化や課題となっている調理の省力化・自動化を解決するべく、飲食業界で働く人々の仕事をサポートするためのロボットサービス開発を続けています。

「調理をロボットで革新する」をテーマに掲げており、飲食業発展に貢献している企業と言えるでしょう。

 

コネクテッドロボティクスがロボットサービスにかける思い

日本の労働人口減少は、近い将来深刻化すると言われています。

コネクテッドロボティクスはその中でも飲食店の採用難に着目し、飲食店のキッチンでの調理に特化したロボットサービスを提供しています。

現在、コネクテッドロボティクスでは深層学習(ディープラーニング)の技術を活用した画像認識技術により、ロボットの知能化することでキッチンで働く人々のサポートをするロボットサービス開発を展開しているようです。

実際に長崎県の人気観光スポットでもあるハウステンボスには、自動たこ焼き調理ロボットサービス「オクトシェフ」をリリースしており、実店舗での導入も行われているのが特徴です。

 

コネクテッドロボティクスの商品・サービスについての口コミ&評判を分析

「コネクテッドロボティクスに興味がある」

という方々の多くの感心が、「オクトシェフ」に集中している事は容易に想像できますが、このロボットがどのような特徴を持ち、どのような働きを見せてくれるのか、具体的且つ客観的に把握するためには、「口コミ」をまとめるのが最も効率の良い方法ではないかと!

と、いうことで、ネットでリサーチしたところ、ロボットサービスに関する口コミを見ることはできませんでした。

しかし、同社のロボットサービス研究・開発は、同業界や飲食業界から非常に注目されているようです。

コネクテッドロボティクスの代表的なディープラーニングを活用したロボット「オクトシェフ」は、2017年の東京ビッグサイトで開催された「Maker Faire Tokyo 2017」に登場し、その後調理業界への参入を目指していました。

以上への参加をキッカケに広く認知されるようになり、ホテルやテーマパークで積極的にロボットを活用しているH.I.Sグループからの受注も決定したりと、次々と良い結果に繋がっていったことが推測出来ます。

 

ここで、「オクトシェフ」の性能を具体的に見ていきましょう!

オクトシェフは多軸ロボット(産業用ロボットの基本構造を指し、“軸”とは関節数のコト)とたこ焼き機で構成されており、たこ焼き機は振動による自動返し機能が搭載されています。

タッチ画面で支持を出すと、ロボットが生地をカップで受け取り、そこに具を入れていきます。

生地と具をたこ焼き機に流し込み、ロボットが焼き機のスイッチを入れ、ある程度焼けてくるとピックを持ち生地の縁をなぞって回転しやすくしてくれます。

たこ焼きが焼けると、今度はトングに持ち替えて器に盛り付けまでしてくれるとか!

ちなみに、IBMのワトソンの機械学習システムを活用して焼き具合をきちんと確認出来るというから、素人顔負けの技術力ですよね。また、外部APIに問い合わせることで、人間でさえも時間がかかる調理作業を最適な時間内におさめることが可能だそうです。

これだと、たこ焼き作りの素人に調理を任せるよりは、このオクトシェフくんにお願いした方が、確実に美味しいものができそう(笑)

 

現在、オクトシェフはユニバーサルロボット社のUR3と市販の自動たこ焼き気回転機を組み合わせて制作されており、業界の技術を広く採用しながら開発を進めているのも特徴と言えます。

コネクテッドロボティクスは、自社だけでなく、様々な会社との連携をしていますが、それは同業界や飲食業界から支持されている証拠でもあるでしょう。

実際にロボットは大規模になればなるほどメリットがあると言われています。

大手たこ焼きチェーンの社長にもプレゼンテーションを行い、食品工場においては冷凍用のたこ焼きを焼くシステムも開発中です。

また、今後は牛丼・焼き鳥・デザート調理の自動化も目指すことが判明しており、以上から将来性のある会社であると言えます。

 

将来的に、飲食業の調理業務はロボットが行う時代になると言われており、そこにコネクテッドロボティクスが携わる事が最早当たり前の時代になってくる可能性も高いのではないでしょうか?

 

コネクテッドロボティクスの採用についての口コミ&評判を分析

「コネクテッドロボティクスが行う事業は、“飲食”だけではなく“ロボットとの付き合い方”も変革していく」

オクトシェフの性能や今後の展開を調べていくうちに、このような思いが自然と湧き上がってきました!

では、コネクテッドロボティクスで働く人々は、どのような「未来」を胸に業務に当たっているのでしょう?

以上の疑問を解決すべくリサーチしてみたところ、コネクテッドロボティクスの採用についての口コミや評判も見ることが出来ませんでした。

コネクテッドロボティクスは、2018年8月現在10名の社員数で、ディープラーニングに強みや指向性を持った優れた技術者を積極的に採用し育成している事が、現時点で明確な情報です。

そんなコネクテッドロボティクスでは、エンジニアやコーポエートスタッフなどの採用を行っています。

調理画像の解析でクッキングロボットの開発を手掛けるエンジニアや、飲食店に適したロボットシステムであるハードウェアや電気系統の設計や制作を行うメカトロ二クスエンジニアを募集しており、ここから優れた技術者を広く募集している事が分かります。

また同時に、経理や総務などの事務を募集したり、パート・アルバイトの募集など、職種・働き方等、幅広く且つ積極的に採用を実施していると推測出来ます。

仮に同社に採用されれば、東京農工大学の小金井キャンパス内にある農工大・多摩小金井ベンチャーポートにオフィスがある関係で、大学内の食堂やカフェテリアが利用可能!

とっくに卒業した方々が学生に混じって学食を利用すれば、若いエネルギーに刺激をもらい新たなアイディアが思い付くかも?!また、ロボットが好きな方はもちろん、食べ物が好きな方も積極的に採用しているとのこと。

 

ロボットの設計やAI、ディープラーニング活用において専門的な知識を持っていなくとも、ロボットが好きで研究・開発・販売に興味がある方を募集している点から、チャレンジ精神があれば携わる事が出来ると考えます!!

 

コネクテッドロボティクスの口コミ&評判を総括

コネクテッドロボティクスは、今後シンガポールをはじめとする東アジア進出を考えており、自動調理に留まらず、自動配達も視野に入れているとか。

海外では、自宅で調理する習慣がないケースも少なくありません。

そもそもキッチンがないアパートも多く、ロボットによる自動配達は需要があると見込んでいるようです。

「自宅で料理しなくても、ロボットが料理を作り届けてくれる世界を実現する」

想像するに、以上が、コネクテッドロボティクスが未来に掲げる設計図のうちの1枚ではないかと。

現在、人口減少によるロボット需要は高まりを見せている一方、自動化できていない部分が多々あるという課題が残っています。

だからこそ、将来的には、同業界だけでなく、IT分野や関連企業との連携が必要不可欠になるでしょう。

コネクテッドロボティクスはでは「将来的な課題の解決」を視野に入れ、常に新たな仕事の構築を大切にしていると考えられます。

 

 

まとめ

今回ロボットサービスを運営する「コネクテッドロボティクス」をテーマに、飲食業界への独特なサービス展開の様子や同社が掲げる未来予想図についてまとめていきました。サービスや採用に対する口コミのリサーチ等深掘りをするまでには到達しなかったものの、コネクテッドロボティクスは従来のロボット産業では解決不可能だった課題を解決しようと常に研究・開発を続けているという事実がひとつ浮き彫りになったような気がします。

代表である沢登氏が「ロボット」「飲食業界」という2つのキーワードに強くこだわったのは、彼がロンドン留学時に学んだ「多様性」が大きく関係しているのではないかと。

学生時代にロボコンに出場し、その後飲食業界への就職を経て「コネクテッドロボティクス」を立ち上げた背景には、現存するIT技術にこだわること無く、広い視野を持って身近にある課題を解決したかったからという思いがあるようです。

参考URL:https://www.ibm.com/think/jp-ja/business/connected-robotics/

 

飲食業界において「未知のマーケットをロボットで解決したい」と語る沢登氏が代表を務めるこの企業が、どのように今後の未来を描いていくのか…
「ロボットとITの未来」について、以上の文章を参考に判断材料に活かしていただければ幸いです(^^)

関連記事

  1. 社長まとめ

    木村育生が小僧寿しの社長を務めていた2012年に活躍した社長まとめ

  2. 坂本よしたか代表ライトニングプレミアム|採用情報・事業概要・セミナー情報

  3. DONATIONSと打たれたタイプライター

    劉凱鵬氏の取り組み|東京・名古屋・広島・福岡などにマスクを寄付

  4. アルテカ野村紘一氏の先見の明を2ch(2ちゃんねる)や5ch(5ちゃんねる)で知る

  5. 木村育生

    小僧寿し元社長 木村育生氏の株式売買を巡る噂についてまとめてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

人気記事

  1. エンカレッジファーミング
  2. マーキュリアインベストメント
  3. サスメド

最近の記事

  1. セントレード証券は大丈夫?取引でトラブルを避けるために知っておくべき10のこと
  2. 家庭教師のトライ・個別教室のトライのキャンペーンや料金についてご紹介!
  3. 「日本の未来を支える」UTコンストラクション株式会社を調査
  4. 「モノづくり・ICTの高度化に貢献」UTテクノロジー株式会社を調査
  5. 「日本のモノづくりをささえる」UTエイム株式会社を調査

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP