注目の記事 PICK UP!

新規上場のリーガル不動産について調査してみた

リーガル不動産は、法律・金融・建築・マーケティングなどの専門知識とノウハウを駆使して、総合不動産開発を行っている企業です。

不動産の仲介やコンサルティングをはじめ、多岐に渡る事業展開を続けていくことで、不動産価値の向上を図り、顧客のニーズに柔軟に対応していこうとしています。

今回は、そんなリーガル不動産の概要や事業内容などを見ていこうと思います。

企業概要

株式会社リーガル不動産は、2000年9月に設立した総合不動産開発企業です。

大阪府大阪市に拠点を設けており、「LEGALAND」開発推進にで相続対策商品の成長や持続的な不動産情報取得のためのネットワーク構築、持続的な成長を経営戦略としています。

LEGALAND

リーガル不動産の低層マンションシリーズで、東京都心10区をはじめ、ターミナル駅徒歩圏内などを重点エリアとしながら物件を仕入れ、収益性向上を図っています。

都市部を事業の中心として、都市圏の人口増減・不動産需給などの市場動向を踏まえ、事業規模拡大を目指しているのです。

ネットワーク構築

不動産情報を持続的に成長させていくため、情報提供者である専門家や提携企業との連携を図り、優良で継続的な情報取得を重要視しています。

成長し続けるために

不動産売買・賃貸・仲介・管理などの不動産サービスを中心に、新規事業を積極的に取り入れ、安定した経営基盤を構築することを大切にしています。

幅広い事業展開を行い、安定したサービス提供と顧客の幅広いニーズに応えていくために欠かせない信頼度を維持しているのです。

リーガル不動産は、企画開発・賃貸・仲介・管理・介護などあらゆる不動産事業に携わる中で、競合他社との差別化を図っているのではないでしょうか?

不動産業界は、都市圏の地価上昇・建築コストの上昇、首都圏の中古マンション在庫軒数の増加などによって、厳しい状況を強いられています。

そんな中、不動産事業の多方面化を図りつつ事業拡大に努めている企業であると言えるでしょう。

リーガル不動産は東証マザーズに新規上場したばかりの企業でもあり、豊富な知識を活かしたサービス提供が今後も注目されていく可能性が高いです。

事業内容

総合不動産開発企業として、リーガル不動産は不動産ソリューション事業・不動産賃貸事業・不動産コンサルティング事業・ファシリティマネジメント事業・介護事業など5つの事業を担っています。

不動産ソリューション事業

中小規模の土地や不整形地など、どのような土地であってもその土地の価値を見出し、活用法を提案して企画・交渉・開発へとサービス提供している事業です。

マーケティング・土地活用計画、建築計画立案・交渉・用地取得などによって、顧客のニーズを汲み取った開発を行っています。

特に富裕層や資産保有を目的としている事業法人に対して、様々なニーズに則した物件販売を行っており、小規模から大規模なビル・マンションやホテルなど、様々な開発実績を持っています。

不動産賃貸事業

そのエリアや物件の種類問わず、バランスの取れた物件保有を行い、投資リスクにおけるマネジメント・将来的な開発用地確保を踏まえた物件取得を提供しています。

資産価値はもちろん、利回りについても十分考慮し、数多くの物件情報の中から最適な提案をしています。

市場調査や土地情報ネットワークを駆使して、好条件の物件収集や投資の関わるノウハウの提供にも努めているのが特徴です。

不動産コンサルティング事業

不動産調査・価格・権利譲渡など、法的側面が必要となる部分を解決するための事業です。

相続や破産などを解決すべく、相談から売却までの手続きサポートやニーズに合わせた買い取りなどを行っています。

ファシリティマネジメント事業

ビルやマンションの修繕工事に特化した事業で、オーナーと入居者に寄り添いながら退去時の立会い・工事・運営の支出削減・退去完了報告などをトータルサポートしています。

トラブル対応はもちろん、国土交通省のガイドラインに則した施工、修繕を行っています。

介護事業

有料老人ホームや高齢者向け住宅、グループホームなどの設置や運営・管理などを行う事業です。

超高齢化社会で重要な介護・医療・住宅の問題を、介護保険に基づいた介護予防支援事業・居宅介護保険事業のノウハウを活かして解決に取り組んでいます。

介護スタッフの24時間対応や提携医療機関との24時間体制・快適な暮らし・しっかりとした栄養管理など総合的な住宅サービスを行っています。

これらの事業を存続させるためには、豊富な法律知識を有した弁護士ネットワーク・迅速かつ誠実な対応と経営が必要不可欠です。

リーガル不動産は、創業当初からの豊富な経験と実績により、弁護士200名以上とのネットワークを構築しており、社名の由来にもなっています。

新しいニーズをしっかりと汲み取り、そのニーズに則した再生を意識しながら取り組むことは、これからの不動産事業にはなくてはならない姿勢なのではないかと考えているのです。

サービスの口コミや社員の評判など

残念ながら、リーガル不動産のサービスに関する口コミは見られませんでしたので、社員による評判などを紹介していきましょう。

不動産業界未経験で入社し、現在で約4ヶ月ほど経過しました。
自分自身のふがいなさを感じる日々ですが、先輩方の指導もあり、入社時に比べ成長していると感じます。
色々な仕事を任せてくれる会社のため、他社に比べ確実に成長するスピードは早いです

何事にも挑戦する社風であり、責任のある仕事を任せてもらう機会が多く、日々の成長や達成感を感じることができる

社員による口コミは、責任のある仕事を任せられる機会が多いという内容が目立ちました。

リーガル不動産は、土地や物件が持っている魅力や価値を見出し、周辺環境・利便性・メリットなどをしっかりと見極めて市場のニーズを汲み取りつつ企画・開発を行っています。

土地や物件を正しく判断する能力は、実際に事業において直接携わることで身に付くと考えているのではないでしょうか?

創業時から数多くの物件を取り扱ってきているからこそ、経験と実績を積み重ねて豊富なネットワークを持っているのです

競合他社との比較

不動産ソリューション事業や賃貸事業などに取り組む企業はほかにもあるのでしょうか?

ここでは、リーガル不動産と同様の事業展開をしている企業を挙げて比較していこうと思います。

株式会社ラ・アトレ

不動産ソリューション事業・再生不動産販売事業・新築不動産販売事業・不動産管理事業・不動産証券化事業など、豊富な事業展開をしている株式会社ラ・アトレは、リーガル不動産と同様に上場企業として知られています。

従来の不動産事業を続けるのではなく、新しい時代のニーズに柔軟に対応するべく、ニーズを先取りした商品やサービス提供を行っていくという理念を掲げています。

不動産ソリューション事業については、都市圏の商業ビルやオフィスビル・遊休地などで中古物件を対象に不動産再生に携わっているのが特徴です。

リーガル不動産は、総合不動産開発企業として幅広い事業を担っていますが、株式会社ラ・アトレのような時代のニーズを先取りして対応していく企業もあります。

しかし、上場でさらなる事業拡大・成長を図っていくことが予想されるリーガル不動産は、競合他社との差別化を行っていく可能性も高いでしょう

ここまで、リーガル不動産の概要や事業内容・口コミ・競合他社などを取り上げてきました。

金融機関や弁護士への不動産コンサルティングだけでなく、幅広い不動産事業運営を手掛けており、介護分野にも取り組んでいます。

リーガル不動産のように、ここまで多くのソリューションを構築している企業は少ないと言えるでしょう。新規上場により、さらなる事業拡大と成長を期待しましょう。

関連記事

  1. 赤字上場したラクスルが「利益率」を重視する理由について

  2. メディカルラボの授業内容は実際どうなの?講師や模試の情報について紹介します

  3. マーキュリアインベストメント

    マーキュリアインベストメントとは?決算情報/株価/評判などを調べてみた!

  4. 「Youtuberコース」を開設!?株式会社テアトルアカデミーの評判・口コミを集めてみた

  5. 誤解されがちなジャスミーの真実

    ジャスミ―=ブロックチェーン=仮想通貨の大きな誤解

  6. みちのりホールディングスから「インフラ事業の安定性」について考えてみた(”安定しているだけじゃ物足り…

  7. 副業アカデミーの評判 講師陣が教える投資法で稼げるのか

  8. 市民住まい向上委員会の講座と評判を調査!住宅のトラブルを回避したい方必見!

  9. 企業と人をつなぐ架け橋「トスワーク」のヘッドハンティング事業を解説!企業の求める人材は?

最近の記事

人気記事

  1. エンカレッジファーミング
  2. マーキュリアインベストメント
  3. サスメド

最近の記事

  1. YouTuberの相次ぐ退所…理由はどこに?専門事務所ってどんなところ?
  2. セントレード証券は大丈夫?取引でトラブルを避けるために知っておくべき10のこと
  3. 家庭教師のトライ・個別教室のトライのキャンペーンや料金についてご紹介!
  4. 「日本の未来を支える」UTコンストラクション株式会社を調査
  5. 「モノづくり・ICTの高度化に貢献」UTテクノロジー株式会社を調査

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP