株式会社メハーゲンとは?代表浦崎忠雄氏が目指して取り組んでいる医療のDXを解説

〈本記事は、アフィリエイトや企業からの記事掲載費をいただいた上で記事を執筆しています〉


浦崎忠雄氏は、株式会社メハーゲンをはじめとしたメハーゲングループの代表として、医療機器の販売や医療用ソフトウェアの製造・販売など、医療現場の課題を解決すべくサポートに注力している人物です。
この記事では、浦崎忠雄氏と株式会社メハーゲンの取り組みについて、詳しく深堀りしていきます。
日本医療のIT化やDX化の遅れが気になっている方にも必見の内容となっているので、ぜひ最後までご覧ください。

株式会社メハーゲンとは?代表を務める浦崎忠雄氏について紹介!

まずは、株式会社メハーゲンとはどのような会社なのか、代表を務める浦崎忠雄氏の人物像から見ていきましょう。

【株式会社メハーゲンの会社概要】

社名:株式会社メハーゲン
所在地:福岡市博多区美野島3-17-27-1 3F
代表:浦崎忠雄
設立:平成20年10月
社員数:46名(令和2年5月時点)
事業内容:グループ経営企画をはじめ、新商品開発や商品販売企画、IT医療分野の企画開発や医療経営分析に係る企画開発、医療機器企画開発など

【浦崎忠雄氏のプロフィール】

名前:浦崎 忠雄(うらさき ただお)
年齢:66歳(2022年時点)
所属:株式会社メハーゲン、メハーゲングループ
趣味:囲碁

株式会社メハーゲンをはじめとしたメハーゲングループは、1992年(平成4年)に、高度医療機械販売業と医療用ITを手掛ける企業として、浦崎忠雄氏によって福岡で設立されました。
浦崎忠雄氏は大学卒業後、医療用機器輸出関連企業や医療機器の製造企業、医療機器輸入商社など医療機器サービスに従事しており、知識やノウハウを学んだ後に独立しています。
日本の医療業界の課題や問題点をしっかり把握しているからこそ、このままではいけないと日本の医療のIT・DX化に向けて尽力している人物です。

メハーゲングループとは?

現在9つあるメハーゲングループの企業は、それぞれ医療業界に特化した事業を展開しています。

・株式会社メハーゲン/経営・企画・管理
メハーゲングループの経営企画をはじめ、新商品開発や商品販売企画、IT医療分野の企画開発など、医療業界に特化した様々なサービスの企画開発・販売を行っています。

・株式会社MID/ディーラー事業
関東・関西エリアを中心に、全国で医療機器や医療用消耗品、ソフトウェア・システム販売などのディーラー事業を行っています。

・株式会社フィディスワン/ディーラー事業
九州エリアで医療機器や医療用消耗品、ソフトウェア・システム販売といったディーラー事業を行っています。

・株式会社ネクシス/システム開発・製造
コンピューター用ソフトウェアの開発・製造販売をはじめ、医療用機械器具の販売と補修管理、医療用機械器具の輸出入や企業経営コンサルタントに関する業務などを行っています。

・ユーネクスト株式会社/治験サポート
治験コーディネーターの派遣、治験事務局支援のほか、臨床研究や疫学調査など、医療機関における治験サポート業務を行っています。

・株式会社パラマ・テック/医療機器製造・販売
自動血圧計の専業メーカーとして、血圧管理システムの構築や在宅医療支援システムの開発など、医科や薬局向け医療機器の製造販売を行っています。

・株式会社シーエス・ラボ/インターネット販売
医療機器の製造・販売や理化学機器・機材の保守点検・修理、通信販売業務など、医療や介護、理化学用品の専門通販サイトを運営しています。

・株式会社ラブテック/医療機器製造・販売
心電計を用いた心電図検査を一元管理する総合ソフトウェアの開発・製造業のほか、ヨーロッパをはじめ世界各国への販売を担っています。

・アイペックホールディングス株式会社/医療機器販売
医療機器・医療用具の総合商社として、医療機器販売を手掛けているほか、医療機関経営のスペシャリストとして新規の開業支援を行っています。

メハーゲングループは医療業界の抱える課題解決のため、様々な角度からチェレンジし続けた結果、それぞれ独自の強みを持つグループ企業へと成長を遂げています。

浦崎忠雄氏が今後目指すものとは?

浦崎忠雄氏は、医療業界のデジタル化の遅れを憂慮し、医療のIT・DX化に取り組んでいます。
ここでは、浦崎忠雄氏が行っている取り組みについて、詳しくみていきましょう。

医療のIT化、DXとは?

日本の医療業界は、優れた医療技術を持っているにも関わらず、デジタル化という部分では、他の産業に比べても大きく遅れを取っているといわれています。
実際に、病院などの医療機関では紙ベースのカルテや問診票を行っているところが多く、業務効率の悪さが指摘されています。
医療DXとはこうした問題をデジタル技術の活用により、効率や質を向上させることを目的としています。

医療DXのメリットとは

医療DXを推進することで、医療現場の業務効率化が期待されています。
医療機関では、カルテや問診票の作成・管理に加えて、医療機器の在庫管理や診療報酬明細書の作成など様々な業務が存在します。
これらをデジタル化することができれば、業務の大幅削減による効率化につながり、長時間労働の解消にもつながるでしょう。
また、医療情報を円滑かつ迅速に共有することができれば、僻地に住んでいたり、なかなか医療機関に赴くのが難しかったりする人でもオンライン診療によって適切な診察を受けることが可能です。

メハーゲングループが取り組んでいること

メハーゲンでは現在、病院の業務支援システム事業を中心に展開しています。
クラウド型の電子カルテシステムや経営支援システム、院内物流管理システム(SPD)など、病院内外のデータを一元化することで、業務効率の向上を目指しています。
日本ではまだ電子カルテは大手の病院で6割、中小では4割程度しか普及していないと言われています。
これは大手メーカーの電子カルテは、導入するにはコストがかかりすぎることも大きく関係しています。
導入や維持管理をするだけで莫大な費用がかかるとなれば、多少効率が悪くても紙ベースを使い続ける医療機関が減らないのも無理はありません。
そこで、メハーゲンではクラウド型の安価な電子カルテシステムを提供することで、小規模医院のIT化をサポートしているのです。
IT化は大規模な病院だけでなく、小規模医院にとっても大きなメリットを持っています。
だからこそ、メハーゲンでは個人経営や小規模な病院・クリニックのIT化を推進したいと考え、開発を進めています。

医師との共同開発にも力を入れている

これまでは浦崎忠雄氏の長年の経験や医師からの相談によって、新たな商品やシステム開発を進めていました。
しかし、最近は医師から一緒に研究しようと話を持ち掛けられることも増えており、そこから共同開発を行い、「SCUNA」や「ORFICE」のように商品化につながったものもあります。
医療業界では例え商品化できたとしても収益につなげるのは非常に難しい部分も多いです。
しかし、メハーゲンは「答えは1つではない」という柔軟なマインドのもと、医療業界の抱える課題解決に向けて貢献できるよう取り組むことが、自分たちのするべき役割だと考えています。

まとめ

今回は株式会社メハーゲンを含むメハーゲングループと、代表を務める浦崎忠雄氏について、ご紹介しました。
浦崎忠雄氏は、大規模な病院だけでなく小規模な病院にも取り入れやすいサービスを開発、提供するべく、医療のIT・DX化を目指しています。
浦崎忠雄氏の取り組みは、日本の医療業界が抱える課題や問題点を解決する一助となるはずです。
医療革命を目指し、尽力する浦崎忠雄氏とメハーゲングループの今後の活躍に期待です。

関連記事

  1. ロボットに仕事が奪われないか不安なあなたへ ロボットと仕事の関係性を考える

  2. プラネットグリーンの『信条』とは?事業・採用・働きやすさまで口コミ評判徹底調査!

  3. 坂本よしたか代表ライトニングプレミアム|採用情報・事業概要・セミナー情報

  4. 晁 向陽代表取締役が経営する麗彩楼・上海飯店の強みを分析してみた

  5. 預金積金・貸出金 全国信用組合No.1の近畿産業信用組合を調査~『My Smile Bank』~お客…

  6. ディズニーランドだけではない?!オリエンタルランドの株主は「大人の嗜み」?

  7. リョウエイ物流/ユクシオ物流サービスなど、板橋区・練馬区の物流業界に転職したい人のための求人情報比較…

  8. top

    十河良寿の経営する株式会社IZAとは?

  9. 「公式」はもう古い!企業が行うSNS対策の課題

最近の記事

人気記事

  1. トスワーク

最近の記事

  1. 株式会社メハーゲンとは?代表浦崎忠雄氏が目指して取り組んでいる医療のDXを解説
  2. ネクステージの中古車販売・買取の評判はいい?口コミから実態を丸裸に!
  3. ニチイが提供しているサービスとは?介護・保育・医療サービスの内容や評判を解説
  4. 新潟・福島の人材派遣会社「株式会社NCI」の魅力をご紹介!
  5. 着物やまとの振袖をもっと楽しめるかも!?ポイントプログラムについて調べてみた!

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP