シロカのワインセラーが持つ実力を調べてみた!大手メーカーにない魅力とは!

家庭用ワインセラーといえば、ルフィエールやさくら製作所が話題に上がりますが、
高性能トースターや土鍋炊飯器で知られるシロカもワインセラーを手がけています。

その機能性やデザインについて、
ワインセラーの購入時に注意すべきポイントと合わせてご紹介していきます。

そもそもワインセラーは必要なの?

ワインセラーと聞くと、
筋金入りのワイン好きやコレクターが持っているもの
というイメージを抱く人もいるのではないでしょうか?

ワインを自宅の冷蔵庫や棚の中で保管する人も多く見られますが、
本来は適温で保存しないとすぐに劣化する繊細な飲み物です。

ワインはその中に含まれている酵母の影響で、
温度変化によって変化しやすい性質を持っています。

そのため、例えば高温状態で放置すると熟成や酸化が進み、
開栓して飲む時にはワイン本来の味からかけ離れたものになってしまいます。

ワインの美味しさは甘味や酸味、渋味が複雑にかけ合わされた
絶妙なバランスによって成り立っており、甘味は高温で、酸味や渋味は低温で
強く表れるという特徴を持っています。
適温を保って保管することが、ワイン本来の美味しさを楽しむ秘訣なのです。

保管する際の適温は種類によってやや異なりますが、
一般的には10~15度程度を保つのが良いと言われています。
特に日本の気候は一年を通して高温多湿のため、
常温保存で放置すると温められて風味が損なわれてしまいます。
そのため、自宅でのワインの保存・保管にはワインセラーが推奨されているのです。

ワインセラーの選び方とワインクーラーとの違いについて

それでは実際に、様々なメーカーから製品が多く出ている中、
どのような基準でワインセラーを選べば良いのでしょうか?

まず、ワインを貯蔵・保管する製品は、ワインセラーとワインクーラーの2タイプが存在します。

ワインセラーは温度・湿度の調整機能が付いており、
夏は冷やし、冬は温めてワインの温度を15~16度前後に保てます。

一方、ワインクーラーは名前の通り、ワインを冷やす機能のみが付いている製品です。
冬期も通して一年以上ワインを保管・貯蔵する場合は、
温める機能や加湿機能も付いているワインセラーがおすすめです。

こだわりの強いワインマニアやコレクターにおすすめするのは、
冷蔵庫と同様にモーターで冷却を行うコンプレッサー方式のワインセラーです。

家で気軽にワインを楽しみたい方には
電流で加熱・冷却を行うペルチェ方式のワインセラーも選択肢に入ります。

また、保存したいワインの本数や大きさによっても選ぶ基準が変わります。

普段から数本程度のストックで間に合っている人は小型のワインセラー、
ダース単位で購入していたり、常に10本以上のストックがあったりする人は
1ダース以上保存できる大容量タイプのワインセラーを選ぶと便利です。

様々なメーカーのワインセラーをご紹介

ここからは、ワインセラーを実際に使用する人たちの口コミや評判をチェックしていきましょう。

この夏の暑さで思わず購入!リーズナブルなワインしか買いませんがまとめ買いをするので冷蔵庫に収まり切れません。置き場所も選ばないこちらのワインセラーは価格的にもちょうどいい感じです。
https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2YSXWRA9XAP7Y/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B0064JBW6W

ルフィエールの「LW-S12」へ寄せられた口コミです。
夏の暑い時期にはワインの劣化が激しく進むため、ワインセラーは必需品とも言えます。
コストパフォーマンスが良く、コンパクトなので普段遣いでも気軽に導入できます。

上下2室の設定温度が別々で、設定通りに良く冷えます。モーター音が静かなのも部屋内ではうれしい。一升瓶が入る構造も嬉しいところ。ワインと日本酒の両方が保管できて丁度良いサイズです。
https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R15MUERCKUA4T9/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B071GQ687B

さくら製作所の「ZERO CLASS Smart」への口コミです。
上下で設定温度を分けられることから、
ワインだけでなく様々なお酒を一緒に保存できるのは大きな魅力でしょう。
普段から家でワインをはじめとするお酒をよく飲む人にはぴったりの製品です。

思いがけず高価なワインを貰い長期保存のため購入しました。稼働音も気にならず発熱も感じられず温度管理も正確かつ操作も簡単で満足しています。
https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1GRPPKFFBU5H1/ref=cm_cr_getr_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B06XC7CXT6

BESTEK の「BTWC035」に対する口コミです。
高級ワインを突然貰った際にもコンパクトで静かにワインを適温保管できる製品は重宝します。

シロカのワインセラー「SW-P121(K)」の特徴や長所、口コミは?

様々なメーカーの製品と口コミをご紹介しましたが、
シロカから出ているワインセラー「SW-P121(K)」に注目してみましょう。

「SW-P121(K)」は、ノンフロンでワインに振動を極力与えないペルチェ方式の製品です。
ワインやボトルのコルクの乾燥を防ぐための加湿トレーが付いており、
湿度の高い夏には露受け、冬など乾燥する季節には加湿トレーとして使用できます。

また、扉のガラスにはUVカットガラスが使用されており、
ワインを変質させてしまう紫外線から守る役目を果たしています。

また、庫内は引き出し式になっており、
高級感がありおしゃれなシルバーのワイヤートレーからスムーズにワインを取り出せます。
実際にシロカのワインセラーを購入した人の口コミも見てみましょう。

二台目です。家庭用ワインセラーですが馬鹿にできません。故障前のでもずいぶん楽しみました。この機種で保管したワインを味わうのが楽しみです。
https://www.biccamera.com/bc/item/3712562/

シロカのワインセラーをリピートした方の口コミです。
家庭用ワインセラーではお手頃ながら、優秀な機能を備えているので常時美味しいワインが飲めます。

自宅でワインを適温保存し最大限の美味しさを維持可能なワインセラーは、
家庭に一台は持っておきたい製品です。

シロカのワインセラーは見た目もおしゃれでコンパクトな上に、
加湿やUVカット機能も付いており、
家庭用ワインセラーとして導入するのにぴったりな製品と言えます。

実際に購入・使用している人の口コミを見ると、
リピーターがいるほど評判が良いこともわかりました。

ワインセラーが気になっている方や導入を考えている方は、
ぜひシロカのワインセラーをチェックしてみましょう。

関連記事

  1. 「デジカメ買うならニコン」が当たり前?!温故知新でものづくりをするニコンのこだわりとは?

  2. 「株式会社シロカ」が求める理想の家具とは?シロカのこだわり

  3. アパレル業界の今後 次は○○がユニクロを追い抜く?

  4. エンカレッジファーミング

    エンカレッジファーミング/花苗・野菜苗・トマトで日本の農業を元気に!

  5. 業績向上中!注文住宅ハウスクラフトとは?

  6. セプテムプロダクツの「わんぱくチルドレンどこ行った」子育てラジオ番組を放送する理由

  7. 銘建

    銘建で働きたい人に。求人情報や社員の口コミを紹介

  8. 話題の無水調理まで!?シロカの電気圧力鍋で作れるものとは?

  9. セプテムプロダクツで行われているMLMについて

最近の記事

  1. ビルの写真
  2. 子供 勉強

人気記事

  1. エンカレッジファーミング
  2. マーキュリアインベストメント

最近の記事

  1. ビルの写真 太平ビルサービスってどんな会社?事業や採用情報などをご紹介!
  2. プラネットグリーンの『信条』とは?事業・採用・働きやすさまで徹底調査!
  3. 子供 勉強 トライグループが手がける事業や会社概要などについて徹底調査!
  4. 和上ホールディングスとは?太陽光発電の口コミや評判を調査
  5. 株式会社アキタフーズとは?事業内容や採用情報まとめ

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP