代表取締役は平文俊全氏!ノーバル・ホールディングスとは?

株式会社ノーバル・ホールディングスは、太陽光発電設備や風力発電設備を保有する会社、エネルギー事業の企画などを行う会社の管理を行っています。

近年、再生可能エネルギーへの注目度が高まっていて、エネルギー事業を展開する会社も増えていています。
その中の1つが株式会社ノーバル・ホールディングスということになるのです。
しかし、エネルギー事業についてイマイチよく分からない、株式会社ノーバル・ホールディングスがどんな会社なのかよく分からないという人も多いでしょう。
そこで今回は、ノーバル・ホールディングスの会社概要や行っている事業について解説していきます。

ノーバル・ホールディングスはこんな会社!

株式会社ノーバル・ホールディングスは、エネルギーに関する事業を行っている会社です。
まずは、そんな株式会社ノーバル・ホールディングスの会社概要についてみていきましょう。

【株式会社ノーバル・ホールディングスとは?】

株式会社ノーバル・ホールディングスは、純粋持株会社として有している子会社の管理を担当しています。
代表取締役は平文俊全氏、平文暉朗氏の2人が共同代表となっています。
外部取締役は、園博昭氏です。
子会社には、エネルギー事業の企画・開発・管理などを行っている合同会社ノーバル・テクノロジー、太陽光発電設備を保有している合同会社ノーバル・ソーラー、風力発電設備の保有を保有している合同会社ノーバル・ウインドがあります。
子会社の職務執行者は、どの会社も平文俊全氏が担っています。

昨年、テスラ社との取り組みを発表(ノーバル・ホールディングス本社に、テスラの最新型スーパーチャージャー設置することを発表)していて、エネルギー関連の企業として認知度をあげています。

【ノンストップでサービスを提供できる体制を整えている】

株式会社ノーバル・ホールディングスでは、子会社と提携しながらノンストップでサービスを提供できる体制を整えている会社でもあります。
用地の取得から行政への確認、設計、電力会社との連携、発注、造成、建設までトータルで行えるのは株式会社ノーバル・ホールディングスの大きな強みだと言えるでしょう。

このような体制を整えているのは、再生可能エネルギーの普及を目的とし、全国的に規模を広げていきたいという思いがあるからだと考えられます。
株式会社ノーバル・ホールディングスが保有している案件だけではなく、他の会社が行う再生可能エネルギー発電の発電所開発のサポートも行っています。

太陽光発電の将来性はどうなの?

株式会社ノーバル・ホールディングスは、太陽光発電などの再生可能エネルギーを活用した事業を展開しています。
太陽光発電をはじめとした再生可能エネルギーを活用した事業は注目度が高まっていて、スタートする会社も増えています。
しかし、将来性に関する不安を抱く人も少なからずいるのです。
続いては、太陽光発電の将来性についてみていくことにしましょう。

【太陽光発電の仕組み】

太陽光発電は、太陽の光が発電するために設置されたパネルに当たることで電気を生み出すという仕組みになっています。
山間の空き地などに太陽光パネルが設置されている様子を見たことがあるという人も多いでしょう。
規模が大きいものだけではなく、家庭用の太陽光パネルを設置するケースも増えています。

【太陽光発電を設置する理由】

太陽光発電を設置することによって、自然に優しいエネルギーを生み出すことができるようになります。
そのようなエネルギーは、グリーンエネルギーと呼ばれているのです。
また、石油などを使った発電と違って、二酸化炭素といった有害物質を放出することもありません。
株式会社ノーバル・ホールディングスの場合は、茨城県の太陽光会社ではNO1という実績も持っていることから、そのメリットや将来性に期待して事業をスタートしたのではないかと考えられます。

また日本は、他の国と比べてみるとエネルギー自給率がかなり低くなっています。
石油や石炭は、以前から輸入に頼っていました。
そのような状況から抜け出すためにも、グリーンエネルギーはこれからの時代に必要不可欠なエネルギー源だと言えるでしょう。
2011年に起こった東日本大震災によって、エネルギーの自給率を高めることの重要性を多くの人が再確認しました。

この様なことを踏まえて考えてみると、太陽光発電の将来性はかなり期待できるのではないかと考えられます。
株式会社ノーバル・ホールディングスもその点に注目し、太陽光発電をはじめとしたグリーンエネルギーを取り入れた事業に力を入れているのでしょう。

ノーバル・ホールディングスの実績

実際にノーバル・ホールディングスはどのような実績を積み上げてのでしょうか。

【株式会社ノーバル・ホールディングスの実績】

株式会社ノーバル・ホールディングスは、これまでに多くの発電設備を設置してきたという実績を有しています。
具体的にどのような発電設備を設置してきたのか、いくつかピックアップしてみていきましょう

・完成済みの設備

NOVAL SOLAR 1(茨城県つくば市、2014/10/30)
NOVAL SOLAR 2(茨城県常陸大宮市、2015/2/26)
NOVAL SOLAR 3(茨城県常陸大宮市、2015/2/26)
NOVAL SOLAR 4(千葉県香取市、2015/4/6)
NOVAL SOLAR 5(千葉県香取郡多古町、2014/11/27)
NOVAL SOLAR 6(栃木県芳賀郡市貝町、2016/3/29)
NOVAL SOLAR 8(栃木県芳賀郡市貝町、2016/3/29)
NOVAL SOLAR 9(茨城県常陸大宮市、2015/10/1)

完成済みの太陽光発電設備には、上記の設備などがあります。
この他にも、複数の太陽光発電設備の設置を行っている会社です。

・今後完成の見込みがある設備

NOVAL SOLAR 霧島(鹿児島県霧島市、2021/12(予定))
NOVAL SOLAR 熊本(熊本県錦町、2022/8)

上記の2ヶ所は、今後完成する予定としてノーバル・ホールディングスのホームページに掲載されている情報になります。
今後もさらに多くの発電設備を設置する可能性も高いと考えられるでしょう。

【設置までの流れ】

ノーバル・ホールディングスは、用地の取得から建設までトータルで対応できる体制が整っています。
用地を取得する際には、土地の所有者と交渉を行い、ノーバル・ホールディングスの投資上限額と所有者が希望する売却額のすり合わせからスタートします。
そして、行政に対する確認や設計、電力会社との協議、発注、造成、そして建設まで全て担うことができるような体制が整っているのです。
完成後は、定期的なメンテナンスはもちろんですが非常時の対応も行っています。

このように事業の規模を広げていることから、求人募集サイトなどはありませんが、人手不足である可能性は高いと考えられます。
そのため、入社を希望すれば歓迎してもらえるでしょう。
気になっているのであれば、ぜひ入社を前向きに検討してみても良いと言えます。

まとめ

これからの時代にはより需要が高まっていくと考えられる再生可能エネルギーを活用した事業を行っている会社は増えています。

株式会社ノーバル・ホールディングスも例外ではありません。
メインで行っているのは太陽光発電を活用した事業となっていて、その仕組みから将来性があるのではないかと期待したのでしょう。
日本ではエネルギー資源を自給自足できない状態になっているため、再生可能エネルギーを活用するメリットは非常に大きいと言えます。

現段階で既に多くの設備を設置してきたという実績を持っていることから、株式会社ノーバル・ホールディングスが行っている事業は信頼できるとも考えられます。
そのため、入社を検討している場合でも将来性が期待できるため、安心できると考えても良いでしょう。

関連記事

  1. 晁 向陽代表取締役が経営する麗彩楼・上海飯店の強みを分析してみた

  2. トライアットリソースの口コミ評判まとめ!若者の求人利用が増えているのは本当?

  3. 仕事

    不動産開発から管理まで手掛けるステージプランナーとはどんな会社なのか?評判、求人情報をご紹介

  4. オンライン事業業界は今後も需要大!?サイトビジットが提供するサービスとは

  5. 子供 勉強

    トライグループが手がける事業や会社概要などについて徹底調査!

  6. トスワーク

    トスワークはなんの会社?スカウトの口コミや評判をまとめてみた

  7. 麦島建設ってどんな会社?実績や採用情報、口コミ・評判をご紹介!

  8. 【口コミ評判】アースコム社の応募に役立つ採用情報をまとめてみた

  9. やり手の社長がいるオープンハウスに入社したい!採用情報や会社の評判を調査

最近の記事

人気記事

  1. エンカレッジファーミング

最近の記事

  1. ホスト界の帝王ROLANDってどんな人物?異色の経歴ややばすぎる伝説を紹介!
  2. 京栄センターで働きたい!募集している仕事や先輩の会社に対する評価などを紹介
  3. ハイクラスでプロフェッショナルな外部人材【顧問名鑑】の活用方法
  4. 麦島建設ってどんな会社?実績や採用情報、口コミ・評判をご紹介!
  5. ZENホールディングスはどんな会社?気になる業績・採用情報を徹底解説!

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP