注目の記事 PICK UP!

木村育生氏の母校! 慶應義塾大学のいまに迫る

慶應義塾大学

木村育生氏は、慶応義塾大学商学部を1982年に卒業しています。

全国的にも知名度が高い大学なので、名前を知っている人も多いでしょう。

今回は、木村育生氏も卒業している慶応義塾大学がどのような大学なのかご紹介していきます。

参考記事

小僧寿し元社長 木村育生氏の株式売買を巡る噂についてまとめてみた

慶応義塾大学はどのような大学なのか

1858年に福澤諭吉が開いた蘭学塾からスタートし、創立から150年以上の歴史を持っています。

今では小学校から大学院まであり、
日本国内でも最も歴史の長い総合学塾として多くの人材を世に輩出しました。

そして、これからも教育や研究、医療など
様々な場面で社会貢献ができるような人材を輩出していくために、
日々教育に取り組んでいます。

グローバル・エンゲージメントという慶応義塾大学の強み

慶応義塾大学は、
日本国内の数ある大学の中でも最も古い私立総合大学として多くの卒業生を輩出しています。

慶応義塾大学のキャンパスは、
多くの人材やリソースが集結している世界有数の大都市・東京とその周辺にあります。

そのため、最先端の学びを得られる環境の中にある大学だと言えるでしょう。

そんな慶応義塾大学では、10学部、14大学院研究科における知見を活かすために、
長寿 (Longevity)安全(Security)創造(Creativity)
3つの研究クラスターを設置しています。

この3つの研究クラスターを設置したことにより、
医療政策や医療経済といった側面から健康長寿を目指したり、
情報化社会でより安全で持続可能な社会を実現するためにどうすべきなのかを
研究したりできるようになりました。

また、スポーツやビジネスに関するテクノロジーの開発や
産業界との連携を構築するための研究にも力を入れています。

このようなことを踏まえて考えてみると、
様々な業界と関係を持ちながら研究を進めている慶応義塾大学の学生は、
人脈作りなどをしやすい環境にあると言えます。

グローバル・エンゲージメントは
慶応義塾大学にとって大きな強みだと言えるでしょう。

「教育充実度」のスコアが99.1の慶応義塾大学

慶応義塾大学は、「教育充実度」のスコアが99.1となっており、
国内の全大学の中で6位、私立大学の中でも2位のスコアです。

「教育充実度」は、その大学で提供されている教育の期待度に対して、
どのくらい実現されているかを表したものです。

なぜ慶応義塾大学はこのような結果を残せたのかというと、
木村育生氏が卒業した商学部や経済学部総合政策学部、
環境情報学部などの学部の中に、
英語で学べるグローバル人材育成コースが設置されているからだと考えられます。

例えば、商学部が提供している「Global Passport Program」は、
慶応義塾大学にある全学部の3年生と4年生を対象とした選抜型のプログラムで、
大学院入門レベルの商学を英語で学ぶことができます。

また、外国人講師が行う少人数のワークショップもあるため、
問題解決型のプロジェクトにも取り組めるのです。

このような取り組みは慶応義塾大学ならではの魅力的な特徴だと言えるでしょう。

グローバル人材育成コースでの学びは、
就職してからもとても役に立つと考えられるので、
「教育充実度」のスコアが高くなっているのではないでしょうか?

木村育生氏は、慶応義塾大学の卒業生の1人です。

慶応義塾大学では、
グローバル・エンゲージメントという独自の強みや
グローバル人材育成コースが設置されているという魅力的な特徴を持っています。

そんな慶応義塾大学は、
これからも様々な場面で活躍できる人材の輩出が期待できるでしょう。

関連記事

  1. 『ペンタゴン・ペーパーズ』 二大新聞社の戦いと「自由」の勝利

  2. ディズニーランドだけではない?!オリエンタルランドの株主は「大人の嗜み」?

  3. 「仕事と両立」は本当にできる?育児支援制度について考えてみた

  4. あなたの会社は大丈夫?「お母さん」呼びされる女性社員が抱える不快感

  5. ホステルコエド

    ホステルコエドはニッポニアサワラ(NIPPONIA SAWARA)が運営?口コミ/評判/建物などを調…

  6. 「note」に見る新時代のプラットフォームのあり方

  7. ロボットに仕事が奪われないか不安なあなたへ ロボットと仕事の関係性を考える

  8. 世界初の成分『ブロリコ』が起こす「健康革命」とは?|イマジン・グローバル・ケア株式会社

  9. 「東京」を肯定し、否定する。若い世代が示す新しい「仕事の可能性」とは?

最近の記事

人気記事

  1. エンカレッジファーミング
  2. マーキュリアインベストメント
  3. サスメド

最近の記事

  1. YouTuberの相次ぐ退所…理由はどこに?専門事務所ってどんなところ?
  2. セントレード証券は大丈夫?取引でトラブルを避けるために知っておくべき10のこと
  3. 家庭教師のトライ・個別教室のトライのキャンペーンや料金についてご紹介!
  4. 「日本の未来を支える」UTコンストラクション株式会社を調査
  5. 「モノづくり・ICTの高度化に貢献」UTテクノロジー株式会社を調査

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP