注目の記事 PICK UP!

ホステルコエドはニッポニアサワラ(NIPPONIA SAWARA)が運営?口コミ/評判/建物などを調査!

ホステルコエド

本日はホステルコエドを取り上げてみます。

地域の特性をうまく活用しながら新しい形態のホタル需要を生み出してる同社について調べてみます!

インバウンド関連、国内の観光業に関わっている方は参考になるのではないでしょうか。

 

株式会社NIPPONIA SAWARA」が手掛けたゲストハウス

ホステルコエド

映画やドラマのロケ地として注目されている千葉県香取市佐原にあるホステルコエドは、2016年に設立「株式会社NIPPONA SAWARA」が手掛けたゲストハウスとして2018年3月にオープンしました。

現在は「株式会社ミスターヤナセ」が運営しており、ツアー企画も随時行っているのも特徴です。

地域住民と旅行者が気軽に立ち寄ることができる宿泊施設として、佐原観光をリーズナブルに楽しむことができます。
佐原には、築100年を超える古民家や蔵などの建物が点在しています。

それらを飲食店や宿泊施設として古民家再生したのが始まりとされており、歴史的な街並みの中に佇む宿泊施設の1つとしてホステルコエドは誕生したのです。

古民家再生で誕生

ホステルコエド

佐原の古民家再生して誕生した複合宿泊施設のうちの1つがホステルコエドです。

ホステルコエドは、JR佐原駅かた徒歩10分程度の所にあり、小野川を目の前に歴史的な街並みと木のぬくもりを満喫できるゲストハウスとなっています。

4人相部屋のドミトリールームをはじめとする4つの個室があり、ダイニングルーム・キッチン・テラス・シャワーなどは共用となっているのが特徴です。

共有スペースを多く作ることで、全国各地から集まる観光客と香取市の人々との交流の場を提供しているのです。
至る所に木のぬくもりを感じることができ、日本ならではの建物と歴史に触れるひと時を過ごすことができます。

宿泊した人の口コミを確認

実際にホステルコエドで宿泊した方の口コミをいくつか見つけることができましたので、紹介しましょう。

・1人旅での利用

色々な所に泊まった経験があるので、ホステルのドミトリーというのはそこまで快適さを求めてはいけないのだろうと覚悟していました。
しかしこちらはそもそもできたのが新しいこともあるのですが、生活で設備の質も良く、例えばシャワーやトイレもそこらの宿よりも圧倒的に上質でした。

 

・カップルでの利用

ロビーの人声がちょっと気になりました。
これから旅行を楽しもうと思い、初めてホステルを予約しましたが、ホテルスタッフの対応や施設の清潔感で全く問題なく安全に利用できました。
また、ホステルの裏が古い町並みの観光地の場所であり、観光地の人々も親切で、周辺の治安も全く問題なく安全に過ごしましたので、オススメします。

 

・家族での利用

リビングがうるさく廊下の声が大きくちょっと不快だった。
もう少し囲ったスペースで話して欲しい。
係の方の対応は良かった。

 

・1人での利用

ロケーションが解りづらかった。
NTTビルの陰になっている。
「コエド」の看板がなく目立たない。(のぼりのみ)
建物はリフォームされたようですが、小綺麗で清潔感がありました。
共有スペースがあり、気軽に使用できた。

 

ホステルコエドは2018年3月にオープンしたばかりですが、実際に宿泊された方の口コミは多く目にすることができました。

香取でもお得な宿泊施設と定評があり、立地条件やロケーションも人気です。

周辺に銭湯もあり、小江戸の街並みを堪能することができおすすめです。また、古民家再生プロジェクトの1つでもあるため、昔ながらの環境で居心地の良さも特徴と言えます。

外にはバーベキューガーデンもあり、食材を持ち込んで交流を楽しむことができるのも魅力の1つと言えるでしょう。

ホステルという性質上、宿泊者同士が交流できるスペースが設けられているのですが、他の利用者の声が大きく、不快に感じてしまったという口コミも見られました。

ただ、この口コミに関してはホステル側というよりもそういったお客さんもいたというものになるので、ホステルコエド自体を否定する口コミとはなっていません。

ホステルというのは基本的に宿泊する方々が交流できるような宿泊施設なので、利用される場合はその点も理解しておくと良いでしょう。

スタッフの募集は?働きがいは?

採用についての口コミや評判は、見ることができませんでした。

ホステルコエドは古民家を改装してオープンしているので部屋数も少なく、現在は夫婦でオーナーを務めており、スタッフの募集も行っていません。

また、運営している株式会社ミスターヤナセにおいても、採用に関する情報はありませんでした。

ですが、千葉県香取市は日本の地方創生として、江戸時代からの歴史文化を広めていこうと古民家再生プロジェクトを展開しています。

古民家を改修し、その歴史や文化を財産として守りつつ、宿泊施設や飲食施設に姿を変えて運営する活動を続けているのです。

また、株式会社NIPPONA SAWARAによれば、今後は地域産品を活用した商品開発をを進めていくことがわかっています。

古くから伝わる伝統や歴史文化を大切にしながら、国内外から訪れる人々と地域との交流やつながりを重要視していこうと考えているのです。

2020年までには、日本酒バーや伝統工芸品の人形作りを体験できる工房や地域の歴史を体験できる喫茶店などを展開し、市内全体として地方創生に取り組もうとしています。

採用情報はありませんでしたが、このような取り組みに関わることで、千葉県香取市佐原の魅力を伝え、地域社会のつながりを発信していくことができるでしょう。

ホステルコエドを手掛けた株式会社NIPPONIA SAWARAや、現在運営を任されている株式会社ミスターヤナセでは、今後採用情報は出る可能性もあります。

株式会社ミスターヤナセでは、ホステルコエドの運営やツアー企画をはじめ、周辺地域の観光情報提供なども行っており、佐原の街並みを活かした事業も展開しています。

古民家再生プロジェクトの一員として関わったり、佐原の魅力を伝える中でホステルコエドとの関わりを持つことは十分可能です。
様々な取り組みに関わるチャンスがあるのも、これらの企業の魅力ではないでしょうか?

日本には、歴史的な建造物も豊富にあるものの、時代の移り変わりによって非常に少なくなってきています。

そんな中で、江戸の文化が現在も残っている佐原は、小野川や樋橋の落水、国指定史跡である伊能忠敬旧宅、千葉県有形文化財の福新呉服店など、見どころも満載です。

そんな佐原の魅力を伝えるべく、様々な取り組みに参加してみてはいかがでしょうか?

最後に

ホステルコエドの採用に関する情報は見つけることができませんでしたが、実際に宿泊した方の口コミを紹介してきました。

最近でも、CMや映画のロケ地として親しまれている千葉県香取市佐原では、小江戸の歴史や文化を次世代へと伝えていくために、古民家再生プロジェクトを展開しています。

そんな複合宿泊施設の1つがホステルコエドで、2018年3月のオープン以降、数多くの方が訪れているのです。

ホテルが佇む佐原は、日帰り観光地としてではなく、滞在型観光地としての認識を新たにしてもらおうと地方創生に取り組んでいます。

その一方で、佐原周辺は交通の便に不満を持っている方も少なくないため、ホステルコエドの運営会社である株式会社ミスターヤナセでは、ホステルコエドを拠点とするツアー企画や地域とゲストハウスを結ぶサービスを提供することがわかっています。

また、観光客だけでなく、地元の住民との交流やつながりを持ってもらうため、異文化交流や様々な用途に使用できる施設づくりも活発化しているのです。

そんな1つの拠点となり、新たな出会いの場としてオープンしています。

関連記事

  1. 睡眠時間が長いと得する?!今時の「企業の福利厚生」を考える

  2. メディカルフォトニクス

    メディカルフォトニクスとは?北海道大学発!採血不要の血液検査を開発!

  3. 企業と株主の関係性 良好な関係性を築くためには?

  4. 売上高平均成長率1位を獲得!ブラックという噂についても|オープンハウスの採用情報を解説

  5. 角弘の企業概要|採用情報と口コミまとめ

  6. 慶應義塾大学

    木村育生氏の母校! 慶應義塾大学のいまに迫る

  7. 「日本のモノづくりをささえる」UTエイム株式会社を調査

  8. ビジネスの視点から見る「2020年東京オリパラ」

  9. ロボットに仕事が奪われないか不安なあなたへ ロボットと仕事の関係性を考える

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

人気記事

  1. エンカレッジファーミング
  2. マーキュリアインベストメント
  3. サスメド

最近の記事

  1. セントレード証券は大丈夫?取引でトラブルを避けるために知っておくべき10のこと
  2. 家庭教師のトライ・個別教室のトライのキャンペーンや料金についてご紹介!
  3. 「日本の未来を支える」UTコンストラクション株式会社を調査
  4. 「モノづくり・ICTの高度化に貢献」UTテクノロジー株式会社を調査
  5. 「日本のモノづくりをささえる」UTエイム株式会社を調査

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP