注目の記事 PICK UP!

アシックス/オニツカタイガー・安全靴、新しい挑戦をつづけるスポーツメーカーのこだわり!

こんにちは!

今日は「アシックス」という企業について分析していきます。

アシックスというと、誰でも思い浮かべるのはオニツカタイガーのスニーカーでしょうか。

オニツカタイガーの商品は可愛いものばかりですね!

・・・そういえば、ファッション誌を見ていて、なんとなく気になったスニーカーのブランドを調べると、オニツカタイガーという事が非常に多いです。

ファッションアイテムとしての「スニーカー」を扱うブランドといえば、きっと多くの方が海外ブランドの名前を上げるでしょう。

けれど、もしかしたら日本にも、海外の有名ブランドと同じように、時代を超えてその世代に合ったお洒落を届けるブランドがあるかもしれない。

そう考えてみた結果、個人的に「アシックス」の魅力を掘り下げたくなりました!

果たして、アシックスの「日本メーカーならではのものづくり魂」とはどのようなものなのでしょう??

 

アシックスの概要

 

まずは、アシックスの概要からご紹介します!

アシックスは1949年に創立され、兵庫県神戸市に本社を構える総合スポーツ用品メーカーです。

創業者の鬼塚喜八郎氏がバスケットシューズの製造と販売を鬼塚商会で始めたことで、同年9月に「鬼塚株式会社」として法人化されました。

鬼塚氏は選手や監督の意見を真摯に聞きながらシューズの改良を続け、全国で営業していました。

熱心な製品開発と営業が実り、高校の運動部を中心に売れ行きを上げ、マラソン向けのマジックランナーや、ファッションアイテムとして人気のオニツカタイガー、ハイテク素材が特徴的なアシックスタイガーなどのブランドを世に送り出しています。

 

アシックスの自由分析

 

「選手や監督の意見を真摯に聞きながらシューズの改良を続け」

以上から、アシックスでは新製品をどんどん提案するだけではなく、実際に製品を使用する学生や選手らの「使い心地」を強く意識していたことが伝わってきます。

ここから、鬼塚氏が最も重視していたのは「選手ひとりひとりの可能性を育てる製品づくり」だったという可能性が浮上します。

陸上選手を志す若者にとって「シューズの存在」は絶対です。それこそ、シューズの良し悪しが勝敗を分ける事もあるでしょう。自分の足に適するシューズに出会うことが叶わず、準備に時間がかかってしまう選手がいたっておかしくありません。

そういった若者らに平等にチャンスを届け、「可能性を育成する」事を、鬼塚氏は自社の理念として掲げていたのではないでしょうか?

このビジョンに基づき、アシックスでは人々に健康かつ幸福な生活ができる製品やサービスを提供することを心がけています。

競技用のシューズや一般用のシューズ、アスレチックウェアなど幅広い商品を開発していますが、中でもマラソンやバレーボールなどのスポーツシューズは愛用者から高い評価を得ているようです。

国内での売上高は業界トップを誇り、海外での売上も拡大傾向にあります。

2015年には海外売上比率76%に達成しており、グローバル企業としても注目株と言えるでしょう。

 

アシックスの商品・サービスについての口コミ&評判を分析

 

ここまでで、アシックスの企業理念や鬼塚氏が掲げたビジョンについて考察してきましたが、では実際に製品の購入者は同社に対してどのような印象を抱いているのか?

国内でトップシェアを誇るアシックスの商品ですが、その評判はどうなっているのでしょう・・・?

以上の疑問を解決すべく、「アシックスの商品に関する口コミ」を調べてみました!

 

■RUNWALK(ウォーキングシューズ/メンズ)

“デザイン、カラー、機能性すべてに優れていると思います。おしゃれで歩きやすく、とても気に入っています。”

 

“ランウオークシリーズは4足目ですが段々見た目が良くなってきている。履き心地は当然抜群です。おすすめです。”

 

RUNWALKは1994年の登場からビジネスマンに人気のシューズです。

ビジネス向けにつくられているので、アッパー素材に上質な天然皮革を使っており、ほどよい光沢とフォーマルなデザインとなっています。

通常は軽さに追求したビジネスシューズが多いのですが、アシックスは機能性をベースに開発しているのが特徴です。

ヒールにはラバーカップ、靴内部にはクッション性や反発性のあるスピーバ・GELを内蔵し、着地時の衝撃を緩衝する作用があります。

スポーツシューズの技術を応用したシューズなので、長時間歩き続けるビジネスマンにとっても使いやすい商品でしょう。

 

■ウィンジョブ(ワーキングシューズ/男女兼用・メンズ)

“デザイン、履き心地、軽くて最高です。 作業着などはキレイなものより汚れてるぐらいがちょうどいいのですが、この靴は汚すのがもったいないぐらい気に入っています。 ”

 

“履き心地がいいですし、メッシュ素材なのが特にいいですね! 今後もアシックスの安全靴を買い続けたいと思います!”

 

こちらのシリーズはかっこよさと履き心地に追求したワーキングシューズです。

コンセプトどおり、本当に安全靴かと疑ってしまうほどスタイリッシュでかっこいいデザインやカラーバリエーションがたくさんあります。

メッシュ素材なので通気性があり、長時間履いていても蒸れる心配はないでしょう。

快適な軽作業を実現するために、軽く疲れにくい構造になっており、オシャレも機能性も両方欲しい人に人気のシューズのようです。

 

■GT-2000 NEW YORK4(ランニングシューズ/メンズ・ウォーマン)

“お店の人に薦められて、 練習用に購入したのですが とても走り心地良いです。足も疲れないし 今のところけがや痛みもありません。”

 

“少しずつですが、毎日履いて走ります。 履き心地は、ゆったりとしていて、とても楽です。”

 

現在は販売が終了しているので、新品を買うことは難しい人気ランニングシューズです。

かかとをホールドしているので安定性があり靴ずれが起きにくく、着地時の衝撃を重心の中央に移動させるシステムが搭載されており、快適な走り心地と評価されています。

インソールは反発性があるので長時間履いていても疲れにくく、マラソン・ジョギング初心者や普段使いにぴったりでしょう。

 

https://www.asics.com/jp/ja-jp/runwalk%C2%AE/p/0010313407.90

https://www.asics.com/jp/ja-jp/runwalk%C2%AE/p/0010253661.90

https://www.asics.com/jp/ja-jp/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%9
6%C2%AEcp203/p/0010307963.9607

https://www.asics.com/jp/ja-jp/lady-gt-2000-new-york-4-wide/p/0010258637.2140

https://www.asics.com/jp/ja-jp/gt-2000-new-york-4-superwide/p/0010258634.8843

 

以上、「アシックスの商品に関する口コミ」をザッとまとめてみましたが、いかがでしたか?

元々は「スポーツシューズ開発を通して若い選手の育成をサポート」という理念を掲げていたアシックスが、今現在機能性と同時に見た目のオシャレさも抑えたシューズを中心に提案している、という流れから、同社と時代の移り変わりがなんとなく垣間見えたような気がしました!

特にビジネスシーンに特化したシューズが多いという事から、アシックスでは現在、スポーツだけではなく「ビジネス」に着目した製品づくりを心掛けているのではないでしょうか?

日々社会の中で戦うビジネスマンをサポートしつつ、現代人がプライベートで行うスポーツを更に楽しめるよう新製品を提案する、というのが、2010年代のアシックスならではの「ものづくりへのこだわり」なのかもしれません。

 

4.アシックスの採用についての口コミ&評判を分析

 

アシックスの商品に関する口コミをご紹介しましたが、では、働いている人の口コミはどうなっているのでしょうか?

採用に関する口コミ評判を少しご紹介しましょう。

 

■労働時間・残業・休日休暇に関する口コミ

“土曜日出勤が年に一回あるだけで、祝日休日出勤はほとんどない。”

 

“毎週水曜日のノー残業デーや、残業申請(20時まで)をしなければ残業ができない制度を取り入れたりと労働時間管理にはかなり気をつけられておりました。”

 

“有給休暇ですが、最高年間20日付与され、2年間で、最高40日間付与されますが、未使用の場合、自動的にカットされます。”

 

労働時間は一般企業と変わらず、残業に関しては基本的にさせない方針のようで、長時間労働対策に励んでいることが分かります。

また、基本的に土日祝日は休みで、お盆や正月も適度な長さなので、プライベートも充実させられるでしょう。

ただ、有休は未使用だとカットされるため、積極的にとった方が良いと言えます。

 

■福利厚生・待遇・給与に関する口コミ

“一部上場の会社としては普通ですが、安定的にボーナスも含めて支給される点は良い。毎年、額は多く無いが昇給もあり、決算賞与も支給されます。”

 

“勤続10年・20年と節目の年に、リフレッシュ休暇制度があり、一定の休暇と旅行クーポン券がいただける嬉しい制度があります。”

 

平均年齢39歳の場合、年収は約640万円から640万円のようです。

社員の中には給与が少ないという意見があったものの、業界で考えると中の上という意見はありました。

しかし、手当が充実しているので、申し分ない給与がいただけるでしょう。

福利厚生や待遇では各種保険、寮・社宅、社員購入などがあり、こちらもそれなりに充実していると評価できます。

 

■働く環境に関する口コミ

“時短制度あり。勤務地の移動を伴う異動をしないでいい勤務体系を選べる。”

 

“女性の出産後の復帰率は、非常に高いことは魅力の1つである。

また、フレックスやサマータイム等の働き方改革を行っているため、子供の育児もしやすい環境にある。”

 

口コミを見る限り、男女共に働きやすい環境だと見受けられます。

特に出産後も働きたいと思っている方にとってフレックスタイムやサマータイムはありがたい制度でしょう。

育休に関しては女性だけではなく、男性も比較的取りやすい環境かもしれません。

 

https://en-hyouban.com/company/00003454629/kuchikomi/

https://jobtalk.jp/company/2952/reputations

 

以上、「アシックスで働いている人の口コミ」をザッとまとめていきましたが、いかがでしたか?

個人的には「女性の出産後の復帰率は、非常に高いことは魅力の1つである」という部分が非常に気になりました!

最近は女性もスニーカーを履く姿が非常に多く見られますし、もちろん選手ではなくともプライベートでスポーツを楽しむ女性も存在するでしょう。

なら、現代のスニーカーはウィメンズも需要が高いと思うので、必然的に女性目線での製品開発が必要になり、だからこそ女性が働きやすい環境が整備されているのは重要ですね!

また、口コミによれば福利厚生もしっかりしているという事で、「ものづくりに関わる社員をサポートする環境」がきちんと整備されている様子が伺えます。

 

アシックスの口コミ&評判を総括

アシックスの口コミをご紹介しましたが、歴史のある大企業なので商品と採用どちらもたくさんの口コミが見つかりました。

賛否両論はあるものの、商品の購入者も従業員もアシックスに対して良い印象を持っているようです。

スポーツシューズのノウハウを活かしたシューズはスポーツだけではなく、ビジネスや安全靴などにも使われています。

疲れにくい、履き心地が良いなど機能性を重視しつつ、デザインも妥協することがなく、足元からオシャレな靴が定評です。

東京オリンピック・パラリンピックも控えており、近年は健康志向の方も増えているので、

メインであるスポーツシューズの需要も増えていくと予想されます。

採用の口コミを見てみると職場環境はかなり良好で、きちんと休日が確保出来る分残業は少ないのでプライベートも充実させることができるでしょう。

技術的な商品を開発する企業なので従業員も優秀な人が多いことが予想され、そのような人達の元で働ければ意欲的にスキルアップが目指せると考えられます。

女性も働きやすい環境なので、男女問わず安定して働き続けられる企業だと評価できます。

今後も時代と共に進化するアシックスの「ものづくり魂」に注目したいですね!

関連記事

  1. つくばEXで家を買うなら!?日栄商事・サンハウス・アキュラホーム

  2. セプテムプロダクツの「わんぱくチルドレンどこ行った」子育てラジオ番組を放送する理由

  3. セプテムプロダクツで行われているMLMについて

  4. セプテムプロダクツの商品と購入方法について解説

  5. 業績向上中!注文住宅ハウスクラフトとは?

  6. シロカのワインセラーが持つ実力を調べてみた!大手メーカーにない魅力とは!

  7. ワミレスコスメティックスの口コミ評判を徹底調査!

  8. エンカレッジファーミング

    エンカレッジファーミング/花苗・野菜苗・トマトで日本の農業を元気に!

  9. 藤井ピアノサービス/音楽の未来を照らす大発明で「内閣総理大臣賞」を受賞!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

人気記事

  1. エンカレッジファーミング
  2. マーキュリアインベストメント
  3. サスメド

最近の記事

  1. YouTuberの相次ぐ退所…理由はどこに?専門事務所ってどんなところ?
  2. セントレード証券は大丈夫?取引でトラブルを避けるために知っておくべき10のこと
  3. 家庭教師のトライ・個別教室のトライのキャンペーンや料金についてご紹介!
  4. 「日本の未来を支える」UTコンストラクション株式会社を調査
  5. 「モノづくり・ICTの高度化に貢献」UTテクノロジー株式会社を調査

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP