注目の記事 PICK UP!

職場で活躍するために絶対やるべきルール

誰でも、1度入った会社では成果を出して活躍したいと思うものです。失敗したいと思って入社する方は誰もいません。そうは言っても、入社したすべての人がその職場で活躍できるかと言えば、必ずしもそうではありません。

会社に就職・転職して、その職場で活躍できる人には、共通点があります。今回は、そんな職場で活躍している人の共通点と、活躍するために知っておきたいポイントやルールをご紹介しましょう。

 

優秀な人って何ができるの?

どんな会社に行っても活躍できるという人は、きっと優秀な人材なのだろうと考える方もいるでしょう。一般的に見ても、「優秀な人」にはいくつかの特徴があります。

知識が豊富

まず、知識の量の違いが大きな特徴ではないでしょうか?元々持っている知識だけでなく、あらゆる場において学ぶ姿勢を大切にしている人は、どんどん知識を吸収していけるのです。

柔軟な考え方

仕事をしていれば、思うようにいかない時や失敗する時だってあるでしょう。しかし、優秀な人は過去に固執することなく、状況に応じて柔軟な姿勢で対応できます。

物事を的確に判断できる

たとえ複雑な問題に直面しても、本質を的確に掴んで対応できるという面もあります。データを分析し、物事の優先順位を設定しながら判断できるので、難易度の高い問題にも対応していける力を持っているのです。時間の使い方も上手なので、効率良く仕事ができるのも大きな特徴です。オンとオフの切り替えができるのは優秀な人に共通する点です。

目標を持って努力できる

ただ与えられた目の前の仕事をこなすだけでは、成果を上げて結果を出すことができないでしょう。優秀な人は、自分なりの目標を持って取り組み、モチベーションを上げて努力していける人です。

専門的なスキルや資格がある

職種・業種によっても変わってきますが、優秀な人は専門的なスキルや資格を持っていることも多いです。例えば、英語力が身に付いていたり、IT関連の資格を持っていたりする人もいるので、会社にとっても即戦力になります。

前向き

難しい課題に直面したときても、諦めず前向きに取り組んでいけるのも優秀な人の特徴です。常に向上心や好奇心を持って物事と向き合えるので、失敗してもそれを次に活かす力を持っています。

 

職場で活躍できる人に共通していること

職場で活躍している人は、決して優秀な人ばかりではありません。地道に努力している人だってたくさんいるのです。では、職場で活躍できる人に共通することを見ていきましょう。

行動力がある

例えば、困難な仕事でも向上心を持って取り組んだり、新しいプロジェクトに積極的に参加したりと、行動力がある人は職場で活躍できます。与えられた仕事をしっかりこなすのはもちろん、それ以上の仕事に携わろうとする行動力は、上司からも評価されやすいです。

人のせいにしない

職場で活躍できる人は、与えられた仕事が上手くいかなかった時や、遅刻した時など、あらゆる物事を人のせいにしません。すべてのことに当事者意識を持つ人は、ビジネスの面で信頼されやすくなります。批判されても自分が悪いと認めたり受け入れたりすることは、その人の強さなのです。

協調性がある

どんな場でも明るく笑顔の人は、職場に溶け込もうとする姿勢が感じられます。コミュニケーションを大切にし、わからないことはすぐに聞いて何度もの同じ内容を聞かないようにするというのも重要です。職場の人間関係を把握しつつ、協力して仕事に取り組める人は、どんな職場に行っても活躍できるのです。

将来のキャリアプランを見出している

会社が目指すものと、自分のキャリアプランに合致する部分がある人は、その会社で本格的に情報を集め成長していこうとします。会社の面接の際には、自分がやりたい仕事や将来のポートフォリオが尋ねられるケースも少なくありません。専念したい仕事やビジョンが明確で具体的な人は、配属先の居場所やキャリアプランをしっかりとシミュレーションして取り組んでいるのです。

良い上司の下で働いている

良い上司というのは、一緒に働く仲間を大切にし、退職してしまうのは自分の責任だと言える人です。会社の事業や仕事の意義を教え、自分自身も学び続ける努力をする人です。このような上司の下には、長年活躍している部下が多いのも特徴です。

 

職場で活躍する存在になるには?

採用や昇進を求め、職場でさらに活躍したいと思っている人も多いでしょう。では、実際に職場で活躍する存在になるには、どのように行動すれば良いのでしょうか?

たるんだ気持ちを取り払う

仕事が与えられるのを待つのではなく、自分から積極的に行動することは、たるんだ気持ちを取り払う第1歩です。誰かの役に立てる存在になるために、自ら行動し努力する姿勢を大切にしましょう。誰もやりたがらないような仕事にチャレンジするのもおすすめです。未経験よりも、経験を増やすことが重要です。様々な仕事に当事者意識を持てば、誰もが思いつかなかったような全く新しい提案ができるかもしれません。

集中して取り組むべき仕事を見極める

物事に優先順位付け、課題の本質からぶれずに取り組むことです。完璧にすべき仕事を見極め、集中して携われば作業効率も良くなります。仕事に手を抜くわけではありませんが、効率良く作業できるようスケジュールを調整するのも1つの方法です。スケジュールをたっぷり埋めてしまうと、たった1つの仕事が遅れただけで調整できなくなる可能性があります。余白となる時間を作っておくことで、無理なく集中して仕事に携われるでしょう。

目標や達成度を可視化する

例えば、目標を決めてからどのくらい達成できたのか判断するときに、資料を作成するケースがあります。その際に、達成度を表やグラフにして数字化しするのです。そうすると、誰が見ても人目でわかる資料になるため、状況が把握しやすく、改善策も明確になります。わかりやすく可視化することは、ビジネスにおいて重要ではないでしょうか?

前例のないことに取り組む

珍しいグループに入ったり、新しいプロジェクトに携わる仲間に加わったりと、前例のないことに積極的に取り組みましょう。前例のないことに取り組むというのは、企業にとってはリスクを伴うケースも少なくありません。しかし、仲間との協調性とその方の力量が試される機会でもあるので、自分自身のユニークな一面を企業が見出し、これまでとは違った魅力を感じ取ってくれる可能性もあるでしょう。

誰もが、人と違ったことができる訳ではありません。ですが、そういった「珍しい何か」に積極的な姿勢を示せるかどうかは、企業にとって強く印象付けられるかどうかにも関わってきます。

職場で活躍したいと考えているのであれば、以上のようなポイントを意識して、これまでとは違う自分をアピールしてみてはいかがでしょうか?

今回は、優秀な人の特徴や職場で活躍する人の共通点、実際に活躍できるようになるためのポイントなどを紹介してきました。採用や昇進を求めて、職場で活躍して会社に貢献したいと考えている人は、ここで紹介したポイントや、実際に活躍している人の共通点を意識しながら仕事に取り組んでみてはいかがでしょうか?

優秀な人材になろうと奮闘するのも良いことではありますが、地道に努力する姿勢を見せ、自分の能力を発揮できるよう行動してみると良いでしょう。

関連記事

  1. 「note」に見る新時代のプラットフォームのあり方

  2. スッピンはルール違反?!今時OLがメイクで気を付けている事とは?

  3. 「はたらく力で、イキイキをつくる」UTグループ株式会社を調査

  4. ノヴィータ

    ノヴィータの評判は?WEB広告・人材・いじめの匿名通報サービス「マモル」まで調査!

  5. そういえば、「ノマドワーカー」って何処行ったの?

  6. 2019年版採用への傾向と対策

  7. 浅井健二が伝える、ゴルフの素晴らしさとは

  8. 先輩から新卒へのアドバイス!プライベートを楽しむコツと必須アイテムとは?

  9. 利益率の高い業界はどこ!?業界ごとの利益率の違い

最近の記事

人気記事

  1. エンカレッジファーミング
  2. マーキュリアインベストメント
  3. サスメド

最近の記事

  1. YouTuberの相次ぐ退所…理由はどこに?専門事務所ってどんなところ?
  2. セントレード証券は大丈夫?取引でトラブルを避けるために知っておくべき10のこと
  3. 家庭教師のトライ・個別教室のトライのキャンペーンや料金についてご紹介!
  4. 「日本の未来を支える」UTコンストラクション株式会社を調査
  5. 「モノづくり・ICTの高度化に貢献」UTテクノロジー株式会社を調査

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP