株式会社アキタフーズとは?事業内容や採用情報まとめ

この記事では、おいしいたまご作りにこだわり、「きよら」というブランドで有名となった株式会社アキタフーズについてご紹介します。

日常的に食卓に並ぶたまごは、どのような飼育過程を経て、生産者に届くのかなんとなく知っている人もいるでしょう。
しかし、企業のこだわりや努力についてはなかなか伝わりにくいのが現状です。

そこで、今回は株式会社アキタフーズの会社概要や事業内容、アキタフーズのブランド卵である「きよらの卵」の詳細、また実際に働く人からの口コミや採用情報などをご紹介していきます。
アキタフーズをより知りたい人、また採用後のリアルなイメージを知っておきたい、年収なども知りたいという人は、この記事を参考にしてみてください。

会社概要・事業内容

株式会社アキタフーズの会社概要と事業内容についてご紹介します。

会社概要

会社名:株式会社アキタフーズ
設立:昭和41年10月27日
資本金:9,300万円(グループ全体 3億3,810万円)
代表者:代表取締役社長 岡田大介
本社:東京都港区新橋六丁目14番3号 御成門PREX 7F
事業内容:採卵用初生雛、若雌の生産販売、飼料の製造、鶏卵の自家生産、処理販売

株式会社アキタフーズは、元代表取締役グループ代表である秋田善祺氏の父、秋田実氏が日本鶏育種改良を開始したことがきっかけで始まった会社です。
昭和25年に秋田実氏が本格的にふ化業を創業し、昭和27年には学業を終えた秋田善祺氏も継ぐ形でスタートしています。

そこから資本金を以て、株式会社アキタフーズの前身となる株式会社秋田種鶏園を設立しました。
昭和47年には、株式会社アキタ産業に商号変更して資本金も1500万円へと増資し、尾道市にセンター開設をしました。
その後、積極的に飼料工場や配送センターなどの設備を整えていき、卵の生産に関して、全ての工程を自社で担うシステムの確立を行う企業に発展しています。

株式会社アキタフーズの独自の生産ラインを確立したことで、独自ブランドの「きよらの卵」は良質なタンパク源をより含んだ卵として、多くの消費者から支持されています。

アキタフーズの「きよらの卵」とは

アキタフーズの「きよらの卵」とは、どのような特徴のある卵でしょうか?
ここでは、「きよらの卵」の詳細をご紹介していきましょう。

「きよら」ブランドが大事にしている3つのこと

「きよら」ブランドでは、3つのことを大切にして生産しています。

・きよらかな環境
「きよら」を美味しくさせるためには、様々な生産環境を整える必要があります。
アキタフーズでは、鶏の飼育環境に欠かせない澄んだ空気や質の良い水などの自然環境に注目し、
恵まれた地域でたまごを生産しています。

特に最新鋭の設備を整えた富士ポートリーに関しては、世界遺産に指定された森林の土地となる標高900mの涼しい場所に構えていて、地下500mから採水された深層水を使用しています。

・きよらかな鶏の飼養
おいしい卵の生産には環境だけでなく、鶏の飼養にも配慮しなければなりません。
アキタフーズでは、定期的に鶏の健康診断やワクチン接種を行うなど、
疾病衛生対策にも取り組んでいます。
また独自の栄養設計から飼料を配合し、常に鶏の健康維持を図っています。

・きよらかな心
アキタフーズでは、安心でおいしい卵となるように製造に専念し、25段階のサルモネラ検査など独自の管理システムで、常に食の安全を守る努力をしています。

結果からおいしさを測定

アキタフーズでは、長年たまごの生産で培ってきた実績からたまごの美味しさを左右するのは卵黄にあることを追求しました。
そこで卵黄にこだわって調査や研究を重ねた結果、卵黄の脂質が食感やうま味に関係があるとして、鶏の飼料を独自の配合にしたのです。

特許取得の新旨味原料を配合した飼料を与えた鶏は、卵黄の脂質を変化させ、
濃厚なうま味やコクを含んだことが生卵黄粘土測定結果で判明し、一般卵黄と比較しても高い粘度であることが証明されました。
また、卵黄の官能評価結果からコクや旨味ともに高い評価を得たことも実証されています。

一般の消費者のアンケートから「きよらの卵」は他の卵と比較しても美味しいと評価されただけでなく、一流シェフやパティシエからも品質や調理でのうま味が評価され、どのような調理方法であっても味しさが味わえるたまごと認識されました。

誰もが確認できる品質管理

アキタフーズの「きよら」は、企業側だけが品質をチェックできるだけでなく、消費者も購入後にたまごの状態を知ることができます。

この方法ができるのは、アキタフーズが完全直営一貫生産システムを取り入れているだけでなく、
他のたまごと比べて品質に自信があるからでしょう。

品質管理方法は、以下の手順で確認できます。

【トレーサビリティーシステムの手順】
1.パッケージに記載されたアルファベットから始める7桁の番号を入力します。
2.入力すると、全25段階のサルモネラ検査の結果、鳥インフルエンザ(AI)の検査結果、親鶏がどこの工場で何を食べて、どの生産者に育てられたか、親鶏の品種や原産国、孵化の時期や場所、たまごの栄養成分、衛生管理状況までが把握できます。

このような情報からたまごの安全性が確認できます。
消費者に安心の情報システムは、品質の維持をしっかり管理しているからでしょう。

実際の口コミは?鶏卵生産大手の年収など調査

アキタフーズで働く人は、この仕事や会社に対してどのような気持ちを持っているのでしょうか?

実際の口コミや評判などをご紹介します。

社員の口コミ

卵は、私たちにとって非常に身近な食材ですが、まだまだ知られていない部分があります。試験や調査をする機会が多いので、新しい発見をしたときには、「卵って、鶏って、すごいなぁ」と感じます。

https://www.akitatamago.co.jp/recruit/

様々な料理に使用されるだけでなく、そのままでも美味しく食べられる定番の卵ですが、とても身近な食材にも関わらず、詳しく知っている人はなかなかいないでしょう。

アキタフーズでは、卵に関わる仕事から新しい発見ができることがやりがいとなっているようです。

ひと月前のシフト提出ではあるがある程度休みが選べるため、他の人の予定や自分の予定には合わせやすい。

https://en-hyouban.com/company/10003060264/kuchikomi/2527065/

休日に関しての口コミです。

自分の都合によって休めるのはとても便利で、友人や家族との予定と合わせやすい環境が整っているということでしょう。

西日本においてナンバー1のシェアを持っており国内においても業界ナンバー2の大きさなのでとても安定した会社だと思います。

https://en-hyouban.com/company/10003060264/kuchikomi/312357/

アキタフーズは、長年の実績から安定性を感じる部分があるようです。

社員が安定していると感じるのは、給与や体制などが関係しているのかもしれません。

採用情報

アキタフーズでは、現在新卒で総合職と獣医師、中途採用で施設管理社員、農場管理・生産管理、管理部門、獣医師を募集しています。
ここでは、新卒の総合職と獣医師について紹介します。

【総合職】
◎業務内容:農場管理と生産管理
直営農場でひなや鶏の育成、飼育管理に関わる業務全般。

【獣医師】
◎業務内容:グループ農場へ防疫、病気、飼い方等の指導

採用に関しては、以下の内容対象者が募集できます。

◎募集対象:20213月卒業予定者
既卒3年以内で就業経験のない方
◎求める人物像:目的意識を持って仕事に取り組める人、厳格な生産体制の中、ルールを守り食の安全に責任と誇りを持てる人、人と関わることが好きな人、体を動かすことが好きな人、動物の飼育に携わりたい人
◎資格:普通自動車免許

また就職後の待遇に関しては以下の通りです。

◎基本給:総合職/月給210,000円、獣医師/月給252,000円 (一律資格手当て42,000円含む)
◎諸手当:交通費支給、社宅・社員寮制度あり(2,000円~/月 利用可)、残業代・休日出勤手当等法定通り支給、家族手当
◎昇給:年1回(4月)
◎賞与:年2回(8月、12月)
◎福利厚生:社員寮・社宅制度、社員旅行 、退職金制度(勤続3年以上)、各種社会保険完備
◎休日休暇:月8日シフト制、有給休暇(入社6カ月後10日、最高20日)、慶弔休暇
◎教育制度:入社前研修、新入社員研修、若手手社員研修(3年計画)ほか

年収についての明記はございませんでしたが、
月給から年収約250~300万くらいということがわかります。
また、実際に勤続年数やスキルに応じてこの年収も向上していくことから、一概に年収は250~300万だとは言えないでしょう。

まとめ

1927年に種鶏・孵化業を創業したアキタフーズは、これまでの経験や実績を活かしつつ、時代に合わせた生産技術を取り入れ、消費者に安心と安全な食品を届ける企業ということが分かりました。

特にアキタフーズが力を入れているのは、
国内唯一の完全直営一貫生産システムを確立したことです。
このシステムを取り入れることで、卵のおいしさが追求できるだけでなく、安全性など生産面の管理に対しても本気で向き合っていることが分かります。
研究開発によって誕生したきよらの卵は、消費者や料理人からも多くの支持を得ている商品で、美味しい卵として認識されています。

実際に働いている社員からも、働きながら卵への興味や学びがあることが働きがいになっていると感じる口コミが多く、社員の追求する気持ちがよりよい製品作りに繋がっているのでしょう。

採用情報の確認で、現在も新たな人材を求めていることがわかります。
鶏卵業を通じて社会貢献したい人は、アキタフーズで働いてみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 慶應義塾大学

    木村育生氏の母校! 慶應義塾大学のいまに迫る

  2. トスワーク

    トスワークはなんの会社?スカウトの口コミや評判をまとめてみた

  3. 「ラクビ」で有名な急成長中企業のニコリオ!会社の実態や採用情報・口コミ評判を調査

  4. インボイスの代表取締役を務めた木村育生氏が会長を務めた「bjリーグ」とは

  5. 職場で活躍するために絶対やるべきルール

  6. ビジネスの視点から見る「2020年東京オリパラ」

  7. プラネットグリーンの『信条』とは?事業・採用・働きやすさまで徹底調査!

  8. キラキラOLって何?キラキラOLになりたい女子はどこの企業を狙うの??

  9. 浅井健二が伝える、ゴルフの素晴らしさとは

最近の記事

  1. ビルの写真
  2. 子供 勉強

人気記事

  1. エンカレッジファーミング
  2. マーキュリアインベストメント

最近の記事

  1. ビルの写真 太平ビルサービスってどんな会社?事業や採用情報などをご紹介!
  2. プラネットグリーンの『信条』とは?事業・採用・働きやすさまで徹底調査!
  3. 子供 勉強 トライグループが手がける事業や会社概要などについて徹底調査!
  4. 和上ホールディングスとは?太陽光発電の口コミや評判を調査
  5. 株式会社アキタフーズとは?事業内容や採用情報まとめ

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP