「日本の未来を支える」UTコンストラクション株式会社を調査

本日はUTコンストラクション株式会社を取り上げてみようと思います。

建設技術者アウトソーシング事業や、建設設計・施工請負事業を主に行っているというUTコンストラクションですが、どうして「日本の未来を支える」と言われているのでしょう。

また、どのようにして、日本の未来を支えているのでしょうか。

詳しく調査をしてみたので、建設プロジェクトに興味があるという方や建設業界に就職を考えている方も参考になるかもしれません。

・UTコンストラクションとは?

UTコンストラクションは、日本の「モノづくり」の最大産業である建設業界に、建築士や施工管理技士を中心とした、エンジニア派遣・請負のビジネスを展開しているという会社です。

「モノづくり」を中心に考えているUTグループの中でも、建設業界は特に大きなものと言えるのかもしれません。

UTコンストラクションは2012年の4月に創業された会社ですが、グループ会社が創業以来20年にわたり培ってきた派遣ビジネスのノウハウ、そして豊富な人材リソースを駆使して、人材不足が叫ばれる建設業界の問題解決に寄与するために誕生したとも言えます。

“Challenge”:未経験からの挑戦を支援します。

“Career Up”:社員のキャリアアップを応援します。

“Change”:若い力と高い技術力で、建設業界に新しい風を吹き込みます。

この3つの“C”と、「ワクワクで未来都市を建設する」というのがUTコンストラクションの企業理念です。

1990年代にバブルが崩壊してから、建設業界は新卒採用を控えて来たとも言われていますよね。

新卒採用を控えると、エンジニアの高齢化が進んでいきます。建設業界のエンジニア不足は、今になってバブル崩壊後の余波が来ているという状態なのかもしれません。

また、東日本大震災の復興需要もありますし、それだけでなく、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックに向けたインフラ整備など、建設ラッシュとも言えるにも関わらず、人材不足が深刻化しています。

そんな中、UTコンストラクションは、新卒採用やキャリア採用はもちろん、グループ会社ならではのグループ内でのキャリアチェンジという強みを生かし、圧倒的な採用力を誇っています。

次代の建設業界を担う人材の育成に力を注いでいるのが、UTコンストラクションなのです。

・UTコンストラクションは人を育てる会社

建設業界にエンジニア派遣や、請負を行っているUTコンストラクションですが、採用した「人を育てる」ことが事業の中心だとも言います。

「人材が足りないなら育てればいい」というのがUTグループのモットーのようですが、人材不足が叫ばれる昨今の理に適っていますよね。

UTコンストラクションだけでなくUTグループ全体で、顧客企業への転籍を支援する「Next UT」や、2017年1月に新たに設立した研修施設「UTACC(UT Advanced Career Center)」で、エンジニアとしての基本を身につける「配属前研修」を学ぶことが出来ますし、各種資格の取得を強力にバックアップする体制もしっかり整っています。

2020年が過ぎても、建設業界の需要は減るどころから増える一方とも考えられます。

東日本大震災を教訓とした防災・減災を軸とした政府主導の国土強靭化も行われていくでしょうし、最新技術の結晶であるリニアモーターカーの伸長など、将来の日本は、まだまだ建設エンジニアの活躍の場があるとも言えるはずです。

高齢化が進む建設業界で、若い力をより多く採用して育てていくというのは、そんなに簡単なことではないのかもしれません。

しかし、UTコンストラクションは若い力を育てることで日本のモノづくりを支え、建設業界の未来を切り拓こうとしています。

・UTコンストラクションでどんな仕事ができる?

さて、実際にUTコンストラクションで働いている人は、どのような仕事をしているのかも気になりますよね。

建設エンジニアと言われても、どのような仕事をしているのか思い浮かばないかもしれません。

そこで、UTコンストラクションで実際に働く人の意見も調査してみました。

国内屈指の大手ゼネコンに配属され、ビッグプロジェクトに関わることになったという方は、地図や歴史に自分が関わったものを残せる!ということも喜びの一つのようです。

国内でも有数の大掛かりな仕事で、大手ゼネコンが4社も関わり、工期も5年以上という、とにかくビッグなプロジェクト。

新しい技術で高速道路のトンネルを造り上げようという現場ですが、スタッフが一丸となって取り組んでいる場所に、自分がいられるというのも嬉しいのだとか。

もちろん建設エンジニアですから、現場で作業をするというより、工事開始に備えて、コンクリートなどの材料試験を行うほか、報告書や計画書の作成、データ整理などを担当しています。

入社してすぐに配属されて大丈夫なの?とも思うかもしれませんが、入社後半年は、ゼネコン本社の技術本部でアシスタントとしてプレゼンの資料作り、それに積算など、事務仕事からスタート。

その後トンネルを造る技術であるシールド工法など、業務を通じて知識を深め、基礎を学んでから現場デビューしているので、現在の仕事にも安心して取り組めているそうです。

最初から現場仕事だと不安もあるかもしれませんが、しっかり基礎を学んで知識を深めてからなので、その点も安心だったのでしょう。

こうしてビッグプロジェクトに関われるなんて、中々ないことですよね。日本の歴史に残るような建設に携われることは、建設業界に就職を希望している人にとって、これ以上の喜びはないでしょう。

プロジェクト毎に工期も違いますから、UTコンストラクションという一つの会社にいながらも、色々な現場を経験できるというのも新鮮で楽しいかもしれません。

・UTコンストラクションの口コミ

そんなUTコンストラクションの口コミを調べてみましたが、仕事を通じた成長ができる、責任感が伴う仕事である、という意見が多かったです。

達成感も強く、大きなやりがいを感じられる仕事も多数あり、一つの会社では経験できないような、たくさんのプロジェクトに携われるのもUTコンストラクションの強み。

また、教育・研修面でも、入社前の期間に研修や教育等のイベントが多くあったとの声も。

自分で選択して、学びたいことを学ぶ場がしっかりと用意されているので、向上心の高い努力家タイプには向いているとも言えますね。

しかし、派遣先や現場によって勤務時間や残業も異なるという点も。

残業代、交通費や休日手当もしっかり貰えますが、自分の行く配属先が忙しい現場かそうでない現場かによって残業の有無が変わるので、そこが気になるという意見もありました。

ただ、地元勤務を選べるという点では、見知った土地で働きたいという人にとって非常にプラスのようです。

・最後に

今回はUTコンストラクションについて調査してみましたが、日本の未来になくてはならない建設事業をしっかりと支えているということがわかりました。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて行われているインフラ整備もそうですが、歴史に残り、地図にも残るような誇り高い仕事に、現場で実際に作業する人たちだけでなく、“エンジニア”として参加している人が多数いらっしゃるというのも、知らなかった人もいるはずです。

需要が伸びているのに人材が足りないという状況を打開すべく、「人材を育てる」という考えで、日本の未来を支えていこうとしているUTコンストラクション。

こうした縁の下の力持ちがいてくれるからこそ、日本の未来は安泰だと言えるのかもしれませんね。

関連記事

  1. 「仕事と両立」は本当にできる?育児支援制度について考えてみた

  2. そういえば、「ノマドワーカー」って何処行ったの?

  3. リョウエイ物流/ユクシオ物流サービスなど、板橋区・練馬区の物流業界に転職したい人のための求人情報比較…

  4. あなたの会社は大丈夫?「お母さん」呼びされる女性社員が抱える不快感

  5. キラキラOLって何?キラキラOLになりたい女子はどこの企業を狙うの??

  6. サスメド

    サスメドの不眠症解消アプリとは?禁煙アプリ、卒煙支援アプリも!?

  7. 『ペンタゴン・ペーパーズ』 二大新聞社の戦いと「自由」の勝利

  8. インボイスの代表取締役を務めた木村育生氏が会長を務めた「bjリーグ」とは

  9. GWこそライフスタイルの見直しを!連休明けをスッキリ迎えるために優先したいポイント

最近の記事

人気記事

  1. エンカレッジファーミング

最近の記事

  1. やり手の社長がいるオープンハウスに入社したい!採用情報や会社の評判を調査
  2. スポーツ日大の影の立役者?橋本稔子の噂に迫る!日大アメフト部や日大理事会との関係…
  3. NSアセットマネジメント代表の藤山大二郎氏とはどんな人物?
  4. 保護中: コネクタ・圧着端子の日本端子を徹底分析!評判や口コミは?
  5. トライアットリソースの口コミ評判まとめ!若者の求人利用が増えているのは本当?

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP