注目の記事 PICK UP!

世界初の成分『ブロリコ』が起こす「健康革命」とは?|イマジン・グローバル・ケア株式会社

みなさん、こんにちは。
私のサイトへ訪問してくださりありがとうございます。
ブロリコという成分をみなさんは知っていますか?
ブロリコは、東京大学とイマジン・グローバル・ケアの産学連携によって生まれた世界初の成分です。
世界中の人の健康に貢献するためにイマジン・グローバル・ケアでは取り組みを行っています。
今回は、ブロリコがどのような成分なのか、予防医学に旋風を巻き起こしたパイオニアはどのような人生を歩んできたのか、国際社会で活躍できる人材育成に力を入れているのはなぜか、今後のビジョンはどのようなものか、と言った視点からイマジン・グローバル・ケアについてご紹介します。
ブロリコなどに興味がある人は、ぜひ目を通してみてください。

東京大学との産学連携により生まれた世界初の成分『ブロリコ』とは?

世界初の成分であるブロリコは、東京大学との産学連携により生まれました。
まずは、ブロリコがどのような効能を持つのか、どのような背景で生まれたのかといった点から見ていくことにしましょう。

■ブロリコとは?

ブロリコは、栄養価が高い野菜として知られているブロッコリーに含まれている成分です。
ブロッコリーには、ビタミンCがレモンの2倍も含まれていて、他にもビタミンB1やビタミンB2、カリウム、リンなど健康に嬉しい効果がたっぷりと詰まっています。
そんなブロッコリーには、実は他にも秘められた成分があったのです。
それが、ブロリコです。
ブロリコは、イマジン・グローバル・ケアの研究チームが数年に渡って研究を行い、発見されました。
東京大学との共同出願によって特許を取得した特殊な技術を使って成分を抽出しています。

また、100%国産のブロッコリーを使用していることや医療機関にも提供していることから、信頼できるサプリメントだということも分かります。
三菱UFJ銀行が主催のビジネスサポートプログラム・Rise Up Festa 2014では、「先端医療・医薬品・医療機器」 部門の最優秀賞を受賞するという実績もあります。
それだけではなく、日本、アメリカ、ヨーロッパで特許を取得しています。
つまり、イマジン・グローバル・ケアでしか作っていないということなので、類似品との違いで迷ってしまうこともありません。
そのため、安心、信頼の健康サポートサプリメントだと言えるのではないでしょうか?

■ブロリコが持つ効能

ブロリコには、魅力的な効能があります。

健康パワーがすごい

ブロリコには、素晴らしい健康パワーが秘められています。
どのような力が秘められているのかを調べるためにカイコを使った研究が行われました。
その研究によると、ブロリコの健康パワーはアガリクスに含まれるβ-グルカンのおよそ5.7倍、メカブフコダインのおよそ6.7倍、アサイーのおよそ25.8倍にも上ることが判明したのです。
このことから、ブロリコは健康をサポートするサプリメントとして非常に魅力的だと言えます。

食物繊維を豊富に含んでいる

ブロリコには食物繊維も豊富に含まれています。
食物繊維が不足してしまうと、便秘になってしまい腸内環境が乱れてしまいます。
そうなると健康にも良くない影響が出てしまうので、食物繊維を摂取して腸内環境を整えることはとても重要です。
そんな食物繊維は、ブロッコリーのおよそ7倍となっているため、手軽に食物繊維も摂取できます。

 

予防医学に旋風を巻き起こしたパイオニア・木下弘貴氏の人生とは

イマジン・グローバル・ケアはブロリコの開発で大きな成長を遂げました。
しかしここまでの道のりは平たんなものではなかったと言います。
そこで続いては、予防医学に旋風を巻き起こしたパイオニアの人生について見ていきましょう。

■子どもの頃は学校で話さない子だった

イマジン・グローバル・ケアの代表取締役で予防医学に旋風を巻き起こしたパイオニアとして知られている木下弘貴氏は、子どもの頃は学校で話さない子だったそうです。
話さないのではなく選択性緘黙症という子どもに多く見られる精神疾患を患っていたためです。
選択性緘黙症は少しずつ良くなっていったのですが、恥ずかしくて小学校では話さないまま過ごし、中学校に入学してから話すようになりました。
なぜ変わることができたのかと言うと、素晴らしい先生に出会ったからです。
小学校3年生~6年生の担任だった先生が、「絶対に伸びるから」と親に言い続けてくれたというのです。
その言葉を木下弘貴氏も信じ続け、自分に自信をつけていったのでしょう。

■企業の原点は家にある

木下弘貴氏の実家は不動産業を営んでいて、母親は経理などをやっていたそうです。
仕事がうまくいくときもあれば、全く先行きが見えずに親戚からお金を借りてやりくりしていたこともありました。
時には、このままだと年も越せないのではないかという状況に陥ったこともあると言います。
そんな親の姿を見てきた木下弘貴氏ですが、大学を卒業してすぐはサラリーマンとして働いていました。
しかし、きちんと仕事をしていてもしていなくても給料をもらえるということに違和感を覚え、いつか起業したいと思うようになったのです。

■経営者としての考え方

いつか起業をしたいと考えていた木下弘貴氏は、それを実現します。
経営者としての木下弘貴氏は、研究者としての視点も忘れていません。
事業を拡大していくためには、医療や薬事に関する知識も持たなければいけないと考えたためです。
経営者と研究者の両方の立場から物事を考え、イノベーションを目指しているのだと考えられます。

国際社会で活躍する人材の育成に尽力する

イマジン・グローバル・ケアの代表取締役である木下弘貴氏は、イノベーションを起こして社会を変えていきたいとも考えています。
そんな思いを持つイマジン・グローバル・ケアが手掛けているブロリコは、10億円以上の売上を誇る商品となっています。
非常に人気が高まっているブロリコの売上をいずれは100憶円にしたいと考えているのです。
そしてそれだけではなく、世界進出も視野に入れています。

■日本だけではなく世界的な健康意識を変えていきたい

イマジン・グローバル・ケアは、隣国である韓国からスタートし、いずれは世界中に展開することを検討しているようです。
ブロリコは、日本、アメリカ、ヨーロッパで特許を取得しているため、進出してからも軌道に乗れる可能性は高いと言えるでしょう。
そんなブロリコでは、あらゆる人にとって働きやすい環境を目指し、グローバルな環境で活躍できる人材を育成しています。
それも海外への進出を考えている企業だからこそだと言えます。
女性が働きやすいように託児所付きのオフィスにしたり、がんを克服したキャンサーサバイバーの復職を応援したりしているのもイマジン・グローバル・ケアの特徴です。

 

イマジン・グローバル・ケアのこれから

イマジン・グローバル・ケアは現在、海外進出や新製品の開発など新しいことにも取り組もうとしています。
最後に、イマジン・グローバル・ケアのこれからについて考察していくことにしましょう。

■海外進出について

イマジン・グローバル・ケアは、海外進出を視野に入れた事業を展開しています。
先ほども紹介したように、最初は隣国である韓国への進出、その後は様々な国へ進出したいと考えているようです。
なぜ海外進出を視野に入れているのかと言うと、イマジン・グローバル・ケアにはフィンランド人や韓国人など海外進出を支えてくれる人材が揃っているためです。
ブロリコは開発までにとても長い年月がかかっていますが、その分健康効果は大きいと考えられます。
そのため、健康志向が強い国の人にも受け入れてもらえると考えたのでしょう。

■ブロリコ以外の製品は?

イマジン・グローバル・ケアでは、ブロリコが主力の製品となっています。
しかし、その他の商品開発をしていないわけではありません。
現在は、提携している医師と協力し、お悩みが深い方向けのサプリメントを開発したいと考えているようです。
医師と協力して開発をしたいと考えていることから、ブロリコのように魅力的なサプリメントが完成する可能性も高いと言えるでしょう。

■今後のビジョン

イマジン・グローバル・ケアは、アウトソーシングを利用した売り上げ拡大、生産拡大を目指しています。
今は倉庫などを外注していますが、これからはコールセンターなどもアウトソーシングを活用しようと考えているようです。
そうすることで世界へと視野を広げようとしているのですが、基本的な理念である「健康と教育」はぶれない軸として持ち続けることがイマジン・グローバル・ケアの考えです。
このようなことを踏まえて考えてみると、イマジン・グローバル・ケアはブロリコのようなサプリメント開発を行い、世界的にも知名度が高い企業へと成長していく可能性が高いと考えられます。

東京大学との産学連携によってブロリコと言う世界初の成分を世に出したイマジン・グローバル・ケアは、世界を視野に入れた事業を行っている企業です。
ブロリコは、素晴らしい健康パワーと豊富な食物繊維を持つため、私たちの健康をサポートする魅力的なサプリメントとして知られています。
イマジン・グローバル・ケアがブロリコを開発した背景には、これまで健康をサポートするための免疫成分に注目したサプリメントが存在していなかったことがあります。
そして、素晴らしいサプリメントの開発に成功しました。
そんなイマジン・グローバル・ケアは、海外進出を目指したり、新しい商品の開発も進めたりしようと考えています。
大学や医師と提携してサプリメントを開発することで、安全性が高いものを世の中に出すことができるため、イマジン・グローバル・ケアの取り組みはとても魅力的だと言えるでしょう。
これからは、その取り組みが成果を出し、世界進出を拡大していくと考えられます。

関連記事

  1. アンビション(AMBITION)の実態は?社風や年収を徹底調査!

  2. 引越革命の引越サービスは特許取得済み!?口コミや評判を調べてみた

  3. 「宿題代行サービス」とは?!え、こんなこともビジネスになっちゃうの…(*_*)

  4. メディカルフォトニクス

    メディカルフォトニクスとは?北海道大学発!採血不要の血液検査を開発!

  5. 浅井健二が伝える、ゴルフの素晴らしさとは

  6. 企業と株主の関係性 良好な関係性を築くためには?

  7. 角弘の企業概要|採用情報と口コミまとめ

  8. あのファッションビルも副業解禁?!今こそ考えたい副業のメリット・デメリット

  9. シロカ

    この夏の大ヒット商品!シロカのハンディファンの魅力

最近の記事

人気記事

  1. エンカレッジファーミング
  2. マーキュリアインベストメント
  3. サスメド

最近の記事

  1. セントレード証券は大丈夫?取引でトラブルを避けるために知っておくべき10のこと
  2. 家庭教師のトライ・個別教室のトライのキャンペーンや料金についてご紹介!
  3. 「日本の未来を支える」UTコンストラクション株式会社を調査
  4. 「モノづくり・ICTの高度化に貢献」UTテクノロジー株式会社を調査
  5. 「日本のモノづくりをささえる」UTエイム株式会社を調査

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP