「note」に見る新時代のプラットフォームのあり方

〈本記事は、アフィリエイトや企業からの記事掲載費をいただいた上で記事を執筆しています〉


「note」というコンテンツはブログやSNSにも似ていますが、実際は少し違う新しいコンテンツとして世間に広まってきました。
noteには、多くの著名人を支えるプラットフォームが構築されていると言われているのです。ここでは、最新のプラットフォーム・コンテンツである「note」について詳しくご紹介していきましょう。

 

昔の情報提供から大きく変わった今が作る「note」

現在、広告や宣伝方法は昔に比べて大きく変化してきました。昔から行われているテレビ、ラジオ、新聞、雑誌などのいわゆるマス広告は今でも多くの場所で見られるものでしょう。しかし、今の時代ではそれらに加えてネット広告が大きく発展してきました。

パソコン、スマートフォンが普及を見せることにより、いつも手に持っているスマートフォンでは、少し前の時代よりも多くの情報を目にする環境になってきたのです。多くの広告物を掲載できるインターネットですが、宣伝方法としてのコンテンツにはたくさんの種類があります。

ホームページがブログ、SNS、ポータルサイト、ディスプレイ広告、リスティング広告、アフィリエイト広告、タイアップ広告など数々の種類が存在しています。中でも多くの人に見てもらいながら情報を他の人に拡散できるSNSは、大人だけではなく若い人にも宣伝しやすい環境が整っています。

そんなSNSの仕組みを活用して情報提供を行える「note」では、ブログのようなページを活かしながらもSNS機能を持ち合わせている最新型の広告・宣伝方法ができるサイトです。

「note」では、様々なジャンルのものを書き込める場所になっております。情報を伝える手段にはブログやコラム、小説、写真など数多くの方法で、自分が世に出したい内容を広めさせることができます。これにより、文章を書くのが苦手な人でも、写真だけを使って簡単に情報提供ができますし、反対にいい写真が撮れない人でも文章や自分の得意な宣伝方法で情報を拡散することができます。

ブログサイトやTwitter、Instagramなど色んなSNSを掛け合わせた存在というのがnoteであり、最大の売りであり、どんな人でもより多くの人に情報を回せることができます。noteでは、著名人となる有名人、企業化、インフルエンサーに使ってもらうことが効果的とされています。

その理由は、今よりもさらに注目されやすくなることが挙げられ、著名人が情報を提供することで一気に情報が広がりやすくなるからです。名の知れていない人では、多くの人に共感されたり、驚きを与えたりするものではないと、なかなか情報が広がっていかないとされています。

noteではブログサイトやSNSを掛け合わせた組み合わせとなっているため、一度有名になっている人であれば、瞬く間に情報が広がっていくことが期待できます。投稿した記事や写真が気に行ってもらえればFacebookやTwitterでシェアしてもらうこともできます。

 

noteの大きな特徴

noteはWEBコンテンツとしてどの業界のクリエイターにもマッチしていると言えます。伝える方法が様々なので、自分や自社に合った宣伝方法で多くの情報を提供できるようになります。ただ、noteにはただ単に情報を周りに流すだけのものとして使われているわけではありません。

noteには課金できるという、他のブログやSNSにはない特徴を持っています。この課金は多くのクリエイターが集まるnoteだからこそ活かせるものになっており、様々なクリエイターに対して課金が報酬となってフィードバックする仕組みになっています。
しかし、この課金は儲けるために使われてはいません。

投げ銭をもらうというよりも、多くのクリエイターに送られる「いいね!」と呼ばれる評価とはまた違った評価軸を作っていると考えてもらうと良いでしょう。ただ単に課金せずに見ている人の評価と、課金しながら見ている人から評価では期待度されている大きさが違います。

その評価の違いを作り出したのがnoteであり、今様々なクリエイターから注目を浴びているコンテンツプラットフォームになっているのです。無料コンテンツのみではなく課金コンテンツが流通しているnoteだからこそ、今後の評価軸のあり方が変わっていき、今まで以上に宣伝効果を生み出せる機能を持っています。

宣伝をするだけのフラットすぎるブログとは違い、コンテンツの差別化要因の一つとして課金制度は多様化をもたらしていくことでしょう。

 

今YouTuberにアツいnote

noteを運営するピースオブケイクは躍進し続けている最中であり、今新たな事業をどんどん展開中です。その中でも多くの人を驚かせることとなったのが、ピースオブケイクがYouTuber事務所であるUUUMとの資本業務提携をするとの発表です。YouTube上で多くの人が様々なコンテンツについて日々動画をアップしているYouTuberですが、人気YouTuberが数多く加入しているUUUMという事務所があります。

日本だけではなく世界中にも影響を与えるようなクリエイターが数多く在籍しているUUUMとnoteの合性は非常に良く、YouTube上以外でも活躍できる場所を作っていけるようになるでしょう。

noteのコンセプトは「クリエイターが活躍できる市場をつくる」ということがコンセプトになっています。noteの機能を活用してさらに知名度高めてくれることに貢献してくれるのだとUUUMは言っています。

しかし、UUUMはすでにインフルエンサーマーケティングのプラットフォームを運営するレモネードの買収を行っています。なぜ、今になってピースオブケイクと提携することになったのでしょうか?

その理由についてUUUMのCEOを務める鎌田和樹氏によると、UUUMでは今後も個人のクリエイターが活躍できるという場を求めており、名の知れていないクリエイターでも活躍しやすい環境を整えているピースオブケイクこそ、世界感を共感しながら競合にはならない仲間として共にYouTuberを輝かせることができるからと語っています。

動画領域に強いUUUM、そしてクリエイターとなる情報発信者に寄り添いながら課金機能を持ち合わせたnoteは、それぞれクリエイターの発掘と支援を行ってきました。どちらも補完関係にあるような強みが存在しており、利益ばかりを追求しないUUUMやnoteは同じ考え方を持っているとしてお互いを共感できたのでしょう。

派手な問題や炎上などを起こさずにクリーンな活動を大事にする双方は、今後も世間に多くの情報を与えるコンテンツになっていくはずです。お互いコンテンツを発信することを作り出す業種として、共感し提携した双方は世界の頂点にもいくのではないかと多くの人から期待されています。

これからも新時代の多くのクリエイター生み出すこと行うnoteでは、時代が変わっていっても輝き続けられる理由をどんどん見つけていくことでしょう。UUUM以外にも多くの企業と提携して、さらに発展していくことが考えられます。

ピースオブケイクが提供している新たな情報発信プラットフォームである「note」は2014年にサービス開始以降、順調に利用者数を伸ばしてきています。

現在までには約350万件もの作品がクリエイターから生み出されて、現在の月間アクティブユーザー数は1000万にも及びます。クリエイターと見ている人を課金で新たな形として結んでくれるnoteは、YouTuber事務所のUUUMと提携を行いさらに世に多くの著名人を活躍させていくことでしょう。

宣伝・広告方法が変わった現在、noteは最新の情報発信手段となるブログやSNSの中でも一番注目されている存在と言えます。誰もが創造ができる世界に、クリエイターとして世に羽ばたかせるにはnoteの力が必要不可欠な時代になってくるでしょう。

関連記事

  1. 「日本を元氣」にする企業!株式会社TTCが力を入れている事業とは?採用情報や口コミ・評判もご紹介

  2. ホステルコエド

    ホステルコエドはニッポニアサワラ(NIPPONIA SAWARA)が運営?口コミ/評判/建物などを調…

  3. ロボットに仕事が奪われないか不安なあなたへ ロボットと仕事の関係性を考える

  4. 「お疲れ様」の正しい意味 毎日言い過ぎなあなたはちゃんと理解してる?

  5. あのファッションビルも副業解禁?!今こそ考えたい副業のメリット・デメリット

  6. 先輩から新卒へのアドバイス!プライベートを楽しむコツと必須アイテムとは?

  7. 角弘の企業概要|採用情報と口コミまとめ

  8. 株式会社メハーゲンとは?代表浦崎忠雄氏が目指して取り組んでいる医療のDXを解説

  9. ビジネスの視点から見る「2020年東京オリパラ」

最近の記事

人気記事

  1. トスワーク
  2. エンカレッジファーミング

最近の記事

  1. ウッドライフホーム第二弾!こだわりを叶えるための秘密を徹底検証!
  2. 郷原信郎さんがジャニーズの会見を批判?会見に同席していた弁護士やPR会社を調べて…
  3. 石友ホーム第二弾!最高レベルの性能と保証!?うわさの口コミ評判を調査!
  4. 株式会社シニアライフクリエイトの評判は?先輩社員の入社理由ややりがいを調査!
  5. サンテクレアールのフローライトって何?フローライトシリーズや取り扱っている商品の…

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP